不動産購入での3点チェック:リフォーム・賃貸し・売却のしやすさ

Pocket

ブログセミナー

自宅は賃貸がいいのか購入がいいのか、毎年のように対立議論が出て来ます。結論はその人の価値観や家族構成、親戚の具合によって変わって来ます。

大切なことは、購入する場合にリフォーム・賃貸しや売却のしやすさを検討しておくことです。

Garden

*庭へ

家族構成へ合わせられるか

購入するのであれば長期間手元に保有しておくことが多いでしょう。

大人であればすでに生活がなっていますので問題がありません。しかし、子どもは大きくなって行きます。大きくなったときにその使い方に合わせられるのかはとても大切です。

介護をするかもしれません。そのときにも一室自由に使えますでしょうか。

さりとて無駄に一室を持っておくことは予算上良くありません。あまり使わないものを購入してしまうことは、費用が大きくなるのにつながってしまうからです。

つまり、兼用でどうやって使えるか考えることになるのです。

賃貸しやすいか

家族の年齢が上がっても使えることに加えて、賃貸ししやすいかという点も考えておきましょう。

入り口を二つにして半分貸すこともできます。

家自体を貸すことができなくても、駐車場だけ貸すこともできます。

梅田は大阪の中心部。駐車料金が高いです。少しでも長居しようと思えば数千円の駐車料金が簡単にかかります。子どもが幼いと車で来るのが便利ですが、...

akippaなどを見ていると、借りるだけでなく機械を設置しなくても簡単に貸すことができます。キレイでなくても貸すことは可能です。

その場合、借りてくれるような場所にあるのか。購入不動産を見るポイントになります。

売約しやすいか

マンションと戸建であればマンションの方がコモディティとして売りやすい傾向があります。戸建は個人の趣向を反映しているため、売りにくことがあります。また、修繕をしっかりしていないと家は単に費用のかかるものになってしまうのです。

マンションや戸建てのいずれかに関わらず、売却がしやすいかは、不動産を買う人なら必ず見ておくところです。

不動産の購入は流動性をどう持つかを考える

不動産を死ぬまで持つという考え方よりも、必要なときには処分する考え方の方が身軽で現代の人に合っているでしょう。さりとて不動産はほしい。であれば、不動産の流動性を担保しつつ購入してはいかがでしょうか。

自分を不動産に合わせるのではなく、不動産を自分に合わせることが自由につながります。

【編集後記】
早い時間に帰路についてみました。街の雰囲気というのは、時間によって変わってくると改めて感じます。同じ場所でも時間を変えると新鮮です。

【昨日のはじめて】
播州百日どり

【子どもと昨日】
寝かしつけがまだまだです。そろそろ頃合いでいいかなと見計らって布団に入れるのですが、気づかれてしまいました。また、抱いて寝かしつけをすればよかったのですが、布団で落ち着かないかと考えて粘ったのが間違いでした。上手に寝かしつけできるようにまた挑戦します。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする