冷蔵庫・洗濯機を買うなら7-8月を狙うと定価の半額で購入可能

Pocket

ブログセミナー
洗濯機を買うなら7-8月を狙って購入をするとおおよそ半額まで下がります。実際に下がるところをウォッチしてみました。
 
 
by α6000
 

購入してみた冷蔵庫・洗濯機

実際に購入してみたものはこれです。

・冷蔵庫

使用した感じ

冷えもなかなかです。真空チルドもいい感じで保存がきいているなという感じがします。
 

扉の注意点 

説明書に戸の立て付けについて注意書きがあリマス。戸側にものを載せると重みがかかってズレがあるように見えるということです。完全に揃っていなくても閉まります。
 
まれのまれに製品不良がありますので、設置の際にはよく確認をするようにしましょう。
 

使用した感じ 

乾燥まで行うこともできます。雨が一日続くという日は使っています。ドラム式は初めてです。使った後に中が濡れたままで放置していいのかなという疑問があります。
 
0.9杯の表示が出る量まで洗濯物を入れた時には、乾燥までで乾ききらなかった時もあります。ドラム式の洗濯機として十分に使えます。
 

チャイルドロック

子どもがいる立場としては、チャイルドロックがしっかりあるのが良い点です。このロックを締めなければ扉が閉まらないため、子どもが中に閉じ込められることはありません。
   
必要とはいえちょっとめんどくさいところではありますが。
 

慣れが必要なところ

洗剤量に慣れるまではちょっと時間がかかります。0.6杯分など載っていますが、頻繁に説明書を見てます。
 
また、子ども用の小さなフキンが隙間に入って脱水できないことがあります。洗濯袋に入れば対応できます。ただ、面倒で入れていないのでよく挟まります。
 
 
 

表示価格推移

洗濯機の方のグラフを見てみると、こんな感じでしっかり推移をしてます。7月ー8月くらいで買うのが効果的です。それ以降になると販売はしている会社が減ってきます。
 
約30万円のものが、14万円辺りになりました。執筆現在はkakaku.comを見てみると、13万円の表示もありました。しかし、インターネット価格は注意が必要です(後述)。
 
価格は安いですが、8月を超えると在庫点数に注意が必要です。
  
 
 

インターネット価格の注意点

設置代、引き取り代が無料でない場合があります。kakaku.comで見ると安いのですが、そういった付属金額が入っていないもので、安く見えるだけのものもあります。
 
注意が必要です。そういった会社が意識しているのは、家電量販店より安いように見せるということです。また、そこそこ長く使いますので保証が効くかどうかということも大切です。私は、身の回りに店舗のあるお店から購入し、かつ、保証延長をしています。何かあった時に対応をしてもらうためです。
 
 
また、設置場所も、戸建の2階でクレーンが必要な場合は値段が上がります。マンションでもエレベーターがない場合は値段が上がります。そういったことは、ネットの一覧価格に分かりにくいことがありますので注意してください。
 

冷蔵庫・洗濯機は7−8月に購入する

冷蔵庫や洗濯機は狙いを定めて7−8月に購入するようにウォッチしてみましょう。半額で購入できるというのはかなり魅力です。一つの製品で15万円くらいは安くなります。
 
 
【編集後記】
カフェで書いていると男の子が寄ってきました。暇なのかおもちゃをこっちに見せてアピールをしてきます。自分の子どものこれくらいのことができるようになると思うと楽しみです。
 

【昨日のはじめて】
月見もち

【昨日 子どもと】
お月見に行きました。低めでちょっと雲に隠れていましたが、お月さまはほどよくまん丸で綺麗とても綺麗です。「月が綺麗」という言葉がI love you.のメタファーのようになっているので最近はちょっと使いにくいですが。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする