注文住宅を作る際のネックはお金でなく時間

Pocket

ブログセミナー
注文住宅、建売やらマンションに比べてお金がかかります。
 
しかし、お金よりも切実なのは、時間です。
(もちろんない袖は振れないので、お金も大切なことに間違いはありませんが)
 
設計にかかる時間、家のすべてを選ぶ時間、建築を待つ時間・・・。
子どもたちを育て、自己研鑽にも励むような人が時間を捻出するのは至難の技です。
 
 
もし、注文住宅を建てたい人は、仮の土地で建築家に有料でも初期計画を設計してもらうといいでしょう。
実際に建築をしないとしても、とても夢膨らみ面白い経験となります。
複数プラン

*A-Eプラン by iPhoneX

 
 
 

時間費用をしっかりと用意する

マンションや建売の住宅と、注文住宅を購入する際の大きな差はかけられる時間です。

例えば、後1年で子どもの学区に住む必要がある上で注文住宅を作り始める。これは無理でしょう。

できなくはないですが、せっかく間取りから決めているの注文住宅、キッチンや個々の素材・性能を焦って選びたいですか?

選ぶところがある種のイベントとして楽しいものです(もちろん、選んでいる最中は必死の場合もあるでしょうが)。

一方で建売は早いです。先日も通り道に建売住宅が建ったのですが、2ヶ月もあればおおよその形になっています。キッチンやら個々の素材やらもとりあえずは選べます。

時間をかければいい、全てが思い通りなればいいものができるかというと、そうでもないでしょう。

どれを選ぶかは好みとしても、選んだ結果として費やされる時間に莫大な差は出てきます。

時間をたくさん使うという意味でも、間違いなく普請道楽という言葉は存在すると考えます。

先に計画をしよう

時間が取られる注文住宅。もちろん土地がないと計画も作れませんが、目星の土地気に入った建築家さんを見つけたら、仮でいいので計画をしてもらいましょう。

こういった計画をしてもらうことで、おぼろげながら自分の好みだったり、建築家さんとの相性だったりがわかってきます。

計画を立ててもらうと分かるのですが、芸術家肌の建築家さんもたくさんいらっしゃいます。

工業製品ではないので、頼んだから短期間ですぐにベストな計画図が出てくるとは限りません。

ベストなものを最初から作るように努力されているでしょうが、インスピレーションが湧く様相は人によって違います。また、単なる芸術ではなく使う芸術のため、最初から施主のベストではなく、調整が入っていくのが普通です。

 

初期計画は無料がいいか有料がいいか

目星の土地が見つからなければ、その方が設計した建物を見せてもらって想像力を働かせることでも違います。

また、人によってプランでもすでに有料という場合があります。

売れっ子で時間を制限させたいために有料にしているという印象。

ただ、建築家は好みの建物の相性があります。有料(=世間一般として需要が高い)があなたにとっていいものかは、別の話です。

 

売れっ子や年齢にかかわらずにいい人もいる

無料でもとてもいいものを描いてくれる方もいます。

注文住宅を建てたい人は、ぜひ、好みの建築家さん探しから始めましょう。

 
 

【編集後記】
やりもしないのに有償なのは、ちょっとためらいます。ただ、作りたい確度があるのなら、やっておいて損はありません。パートナー同士の価値観の具現化にもなります。

お互いを理解することにつながります。

【昨日のはじめて】
スーパーカップ カフェオレ&クッキー

【子どもと昨日】
遅めに帰ってきたため子どもとは遊べず。泣き声を聞いて、しばらくするとパッタリとしていました。

外ではよく遊んで帰ってきたみたいです。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする