テレビの廃棄は売った方がリサイクル回収費用を考えると安い

Pocket

ブログセミナー
テレビ離れが叫ばれます。インターネットでテレビも見るサービスもあれば、ワンセグでもみれます。
また、インテーネットの上の方が面白いコンテンツがあることも増えました。好みの多様化、今すぐに自分にあった何かを見たい、そういうニーズに合います。
 

結果として、テレビが不要になる方も多いでしょう。

その場合は、どこかへ持ち込みや回収でのリサイクルに回してもらうのではなく、テレビをリサイクルに売ってしまいましょう。

リサイクル費用を考えるとお得です。

空と雲と電線

*晴れ間の空と雲と電線 by iPhoneX

家電リサイクルに出した場合の費用

テレビを家電量販店に持ち込みます。

担いでいくイメージです。

この場合の費用は4千円くらいかかります。

 
テレビは重いですから、持ち込みが難しい場合もあります。

取りに来てもらう場合を想定すると、距離にもよりますが6千円くらいかかります。

家電リサイクル費用として、捨てるのにもだいぶお金がかかります。

同様の型式でリサイクルショップに持ち込んだ場合

これがリサイクルショップに持ち込むと家電リサイクル費用のような費用を取られません。

その他にテレビを売却したお金をくれます。

持ち込みが大変な場合は、郵送(着払い)であったり、査定に来てくれるサービスもあります。

その場合によって選びましょう。

0円であっても引き取ってもらえるのであれば、家電リサイクル費用を払わなくていいので、その分お得です。

いらないものは持たないように

ものを捨てるのにもお金がかかる時代になって来ました。

持つときは持っているものを処分したり、処分の経路を考え上で捨てるように時代は変わって来ています。

 
捨てることにも費用がかかることが、購買欲のブレーキになるのなら、ブレーキとしても使ってみましょう。

捨てることは億劫なので、案外といいブレーキにもなります。

 
 

【編集後記】
昔の知り合いに2年ぶりに偶然会いました。変わらないところと変わってしまったところ、両方がありました。お互いなんとなくの刺激になりました。

【昨日のはじめて】
スターバックススパークリング ピーチスプラッシュ

【子どもと昨日】
自分でスプーンに食べ物をさして口に持っていくのが好きなようです。

まだ、上手に突き刺すことができないので試行錯誤。ただ、こうやって失敗しながら成功していくのを見ると、私自身も当たり前にできていることが当たり前じゃないのだと身に染みます。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする