靴底の修理を自分でするなら「シューズドクターN」が簡単で経済的

Pocket

ブログセミナー

ビジネスパーソンにとって靴は必需品です。歩けば歩くほど減っていくため、補修を効率的に行った長く履けるようにすると足に合った良いものを長く履くことができます。

週5日違う靴を履いてメンテナンスする費用

仮に週5日を別の靴にしようと考えた場合、3ヶ月程度で靴の底が適度に痛んできます。あまり減ってからかかとを修理するでもいいのですが、意匠性が悪いです。

仮に3ヶ月で5足全てを修理すると一足2,500円程度かかるとして12,500円、年間では5万円と、あたらいい靴が買える方も出てきます。

いい靴ほど長く履きたいと考えれば経済的にかかとのケアができると良いでしょう。愛着がある靴をずっと使いたいと思っている人も多いです。ただ、靴屋さんにもっていくと男性用の修理は経済的に気がひける場合があります。

シュードクターNを使用する

そんな場合には、シュードクターNを使用すると良いです。

減り方にもよりますが10−15足程度は直すことができます。仮に700円で10足直したとすれば、一足70円程度で治せます。靴屋さんにもっていく場合と比べて97%オフの金額となります。

使い方は簡単

  1. かかとの周りに付属のシートを貼り付けます
  2. いれば安定剤を入れる気分で、シートで囲った補強部分にシュードクターNを流し込みます
  3. 1日程度放置すれば乾いて完成

乾いて使っていくと薄く削れてはいきますが、接着をしっかりしておけば取れることはありません。

シュードクターNの色はブラックがオススメ

茶系の靴や青系の靴等をもっている方が修理する場合、どの色のシュードクターNを購入しようか迷ってしまいます。

しかし、その場合は黒を買いましょう。

実は、靴底面は黒色になっていることが多いため、黒のシュードクターが一番合いやすいと思われます。

まとめ

靴も身だしなみも仕事をする上で大切なときがあります。上手に節約しつつ好きな靴を長期間履けるとやる気も出てきます。

【編集後記】
足に優しい靴と考えると、なかなか探すのに時間がかかります。上手に直して使うと、結果時間の効率化も達成できます。

【昨日のはじめて】
素焼きアーモンド

【昨日 子どもと】
お話して遊びました。笑顔にワーワー反応するようになって、こちらとしてもちょっと大きくなったなぁと感じます。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする