子どもの肌トラブルにビーソフテン(ヒルドイド)、オーガニックベビーバター

Pocket

ブログセミナー

子どもの肌のトラブルには、ビーソフテン、ヒルドイド、オーバニックベビーバターが効きます。色々なところに顔をこすったりする子どもの肌トラブル解決してくれました。

子どもの肌トラブル解決

ビーフソテンは化粧水のように使える

まず紹介したいのはビーフソテンです。透明の少し粘性のある液体で、化粧水のような見た目の中身になっています。

皮膚科に行って肌トラブルの話をすると処方されることが多いです。子どもに塗ったあまりを自分に塗ると、それだけで効きがいいことが感じられます。下手な化粧品を購入するよりよほど費用対効果が高いです。

ビーソフテン

医薬品だが、求める人多し

医薬品なのですが、ビーソフテンを求めて皮膚科に来る人も実は多いです。最近は子どもの医療がかからない市町村が増えています。子ども用と偽ってこの薬をタダ同然で処方され、使っている成人の人の噂も聞きます。

ということで、ビーソフテンがそのうち医薬品から外されるのではないかという話も出ているとか出ていないとか。

と思って探してみると、市販でも十分買えるようです。試してみてもいいかもしれません。

ヒルドイドは乳液のように使える

ヒルドイドもビーソフテンと同様な成分でできています。内容物としては、ヘパリン類似物質というものが入っていて、見た目は乳液みたいな感じです。

子どもはじっとしていないので、さらに粘性の高いビーソフテンを塗ろうと思えばこのヒルドイドになります。

肌荒れをしない子どもでも、色々なものに顔をこすりつけて冬は肌表面がカサつくことがあります。そういった時に塗ってあげるとかなり効きます。

オーガニックベビーバター

薬を塗った後にも塗ったりしている保湿の油分補給用のバターです。

手の温度で溶けるので、少量をすくって手元で待っていると溶け出してきます。それを子どもに塗るといいです。

エルバビーバオーガニックベビーバター

スキン関連で一番お気に入り

なんとなくですが男性目線でも使いやすいバターです。変に香りが強いわけではないでし、子どもに嗅がせても嫌がる様子は出てきません。

しいていうのであれば、固形のまま子どもにつけると嫌がられるくらいでしょうか。冬場に冷たいとちょっと嫌がるので溶かしてから塗ってあげるのがいいです。

爪で少量をすくってあげると手の熱で十分溶けていきますので、少し待つということをしておけば、何もせずに溶けた状態で子どもに塗ってあげられます。

エルバビーバオーガニックベビーバター2

お父さん目線でもすすめられる商品かなと思います。子ども用のものでなければいいスキンケア用品に触ることが少ない男性にとって、使えるいい機会です。

スキンローションとベビーリップも好評

そのほかスキンローションとベビーリップも好評です。二つとも自分でもプレゼントでも使ったことがあります。

ベビーオイルもベビーバターと同様に嫌がる様子もなく、湯上りにベビーマッサージ用に使っています。瓶が光るのがいいのか、慣れて来ると自分から瓶に寄ってきます。

唇が荒れている子どもや知り合いの子どもがいるなら、このリップクリームはとても重宝します。市販の普通のリップクリームだと子どもが嫌がったけどこれを使ったら香りを喜んで塗らせてくれたという友人もいました。
 

まとめ

子どものことなので肌のケアは早めに対処してあげたいですね。子どもの状況に応じて使いつつ、大人もいいものを楽しむ機会にしてみましょう。

追記 2017年11月23日

美容目的で使う人を防ぐのに、保険適用外になる可能性もあります。

 ピンク色のかわいらしいパッケージが印象的な保湿剤・ヒルドイド。「我々は、人類の健康に対して、質の高い貢献を行うことを使命とする」──これはヒルドイドを製造する企業の経営理念である。だが、作り手側の思いとは裏腹に、この薬が人々の健康を害しか...

保湿薬ヒルドイド 美容使用横行で保険適用外提言、患者は不安も

2017年11月21日 15:00

〈美女はみんな使っていた──もしも無人島にひとつだけ持って行くなら「ヒルドイド」!〉

 こんな見出しが女性ファッション誌を飾ったことがあるように、ヒルドイドは保湿薬以上の効果がある“究極の美容液”のように扱われ、世の女性たちを虜にしている。前述の女性ファッション誌でも、〈シワが薄くなった〉〈手荒れが改善〉という魅惑的な言葉が並び、ネットでも〈究極のアンチエイジングクリーム〉〈3万円の高級美容液に匹敵する〉と絶賛の嵐。さらに梨花(44才)や中村アン(30才)など、美のカリスマたちも愛用していることもブームを助長した。

「デパートで売っている高級クリームよりもいいって聞いて、子供用にたくさん処方してもらって、私も一緒に使ってみたら、お肌にハリが出たような気がして、もう手放せません」(42才・主婦)

 彼女のように評判を聞きつけて、処方を求めて病院を訪れるケースが後を絶たない。都内で暮らす36才主婦は、ヒルドイドを頼る理由をこう語る。

「やっぱり安く手に入るのは魅力ですよね。もうもったいないと思って、今まで使っていた高級クリームは買えません」

 25gのチューブ型クリームであれば、1本あたりの薬価は約590円。ヒルドイドは保険が適用されるので、3割負担分の175円ほどで手に入る。診察料を支払っても3万円の美容液より、はるかに低価格だ。だが、この状況によしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長は警鐘を鳴らす。

「あくまで薬は『治療目的』と医師が診断した場合のみ、国民の健康を守るために保険を適用して処方するものです。自己負担以外は国民が支払っている保険料や税金で賄われているわけですから、美容目的で使用することは本来認められません。

 しかも、ヒルドイドの保湿効果は高いですが、しわをなくすなどの美容効果はありません。またヒルドイドは化粧品と違って顔専用のものではなく、油分も多めに含むため、顔に塗ると、人によってはニキビが出ることもあります」

 ヒルドイドの製造元であるマルホも美容効果を煽る記事が掲載されるたびに注意喚起を行ってきたが、この流れが止まることはなかった。

【編集後記】
早起きを続けています。ブログも朝方にも更新がしきれればいいのですが。もう一段階ペースをあげていきたいです。

【昨日のはじめて】
スパイシーモスチーズバーガー

【子どもと昨日】
夜寝ている時に癖なのかこっちを向きます。何かなと顔を覗き込んでみるのですが、単純に寝顔があるだけです。

少し頭をなでてから、こっちもまた眠りにつきました。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする