検索競争力を15倍、日曜日営業の歯医者で考える他より抜きん出る方法

Pocket

ブログセミナー

サービスを掛け合わせることで検索競争力を15倍にしている歯医者を見つけました。日曜日営業の歯医者は多くないです。個人でサービスを提供するにせよ、組織で新規提案をするにせよ、競争力の観点を持つことが大切です。

@歯医者 by iPad Air

歯医者は競争が激しい業界

歯医者はコンビニエンスストアよりも多く、競争の激しい業界です。それは、店舗数の比較からよく論議されます。具体的に数字をみると、2017年の政府統計で歯科は68,737件あるのに対し、日本フランチャイズ協会の2017年7月の統計でコンビニは55,176件です。

コンビニでも人がいないと思う店舗があります。歯医者というコンビニより汎用性が低い内容で、それより多くの人に訪れてもらうのは難しいことです。

そういった業界はスキルのみならず別の工夫も考えなければ競争には勝てません。

日曜日営業の歯医者で考える競争力

競争力を上げる一つの答えは、日曜日に営業をすることです。

日曜日営業するだけであれば、特殊なスキルはいりません。人を雇っているなら人件費の割増は付いてきますが。

実際に日曜日営業の歯医者に行って見てみたところ、その日は30−40代の男性が約80%いました。土曜日営業をしている歯医者は多くても、日曜日は少ないです。

また、見つけてもらう大切なツールのWEBでも明らかに競争力が上がります。ある市で一例として調べたところ

  • 歯医者の数 105
  • 日曜日営業している歯医者の数 7

となり、検索の優位性は15倍になります。休みの時間を多くするのであれば、代わりに平日を3日休みにして営業するのはどうでしょうか。

英語や言語のサービスも

日曜日営業の話から入りましたが、言語も同様に差別化の選択肢となるでしょう。言語だけでなく、車椅子対応なんてものも例にあがります。

サービスの穴をどうやって補うかを考える

日曜日営業のサービスについてもう少し考えてみると集客できる分デメリットもあります。それは、キャンセルや予約のすっぽかしが多い点です。実際に調査として行ってみた歯医者では、30分の枠ごとに1−2名が来院しておらず、確認の電話をかけていました。

Amazonや楽天などのネットショッピングのように、前日にリマインダーを出す仕組みを組み込む必要があります。歯医者としても機会損失をなくせますし、患者は単純な日程調整のミスをなくせます。

メールアドレスを持っていない人の予約を受けないのかは考えものですが、機会損失をなくした方が利益が上がるように見受けました。

歯医者の登録はなぜかよってたかって紙面に名前や住所を書かせることが多いですが、タブレットと文字認識を組み合わせて登録をさせて、その上でメールアドレスも強制感をなくして入力させるのがいいでしょう。

小さなことからになりますが、無駄をなくしていくことは社会全体をよくしていくことにつながるかもしれません。

【編集後記】
新しいことを始めたいと思い、参加するセミナーの日程調整をしています。少しウキウキしますね。

【昨日のはじめて】
ブーケの香りの石鹸を購入

【昨日 子どもと】
高い高いをして遊びました。降りるときはまだ怖がってますが、喜ぶようになってきました。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする