昔のビール券がどこまで使えるか、額面判定をどうやってするか

Pocket

ブログセミナー

ビール券、案外と昔のものが手元に出てきたりします。

しかし、消費税が3%の時のビール券って使えるのでしょうか。半信半疑ながら、どうなるか試してみようと実際に持って行ってみました。

*ビール券とビール by iPhoneX


古いビール券が使えるか

金券は、ないようで気がつくと古いものも含めて出てくるものです。

しかし昔のものは使えるか分からないという不安があります。

実際にいくらでどれくらい使えるかを試してみました。

額面の判定をどうするか

試すに当たっていくらで使えるかは大切なところなので、まずはそれを確認しましょう。

次の場合はどの辺りを見るかというと。。



右下に458という数字があるのが見えるでしょうか。

こちらが金券の金額になります。

写真のものはけっこう古い金券なのですが、使えました。





別のものもみてみましょう。

こちらも右下に674という表記があります。

という訳で、額面の見方はわかってきたことでしょう。

表記の種類限定か?

ビール券の表記には銘柄が書いてあることが多いです。

では、実際に銘柄がその通りでないと使えないかというと、スーパーやお店によっては関係ないという回答でもらっています。

ですので、キリンと書いてあってもエビスを買うことも実際にできました。全ての店で試した訳ではないのですが。

ですので、もし最初のお店で自由に古いビール券を使うことができなくても、別のお店に行けば使うことができそうです。

暑い季節ですので、上手に使って好みのビールを安く手に入れましょう。

古いものでも見つけたら試しに使ってみましょう

【編集後記】
Gutenbergのスラッグ編集は一度保存をしないとできないようですね。保存をする前にいくら編集を開始しようとしてもリンクを開くだけでできませんでした。しかし、一旦保存をすると大丈夫なようでした。

なかなか、コツがいるバージョンです。

【昨日のはじめて】
ハーゲンダッツ フォンダンショコラ

【子どもと昨日】
今日は会えずじまい。寝静まったときに様子を眺めて、元気だったことを確認しました。帰ってきて絡めないときはちょっとさみしいものです。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする