しっかり伝えるため・採用成功のために、アプローチする人数を減らす

採用フローにおける伝え方では、マス(多くの方)に出来る限り伝えることで、採用成功を上げようとするという方法をよく耳にします。 でも、それがどこまで本当でしょうか。…


在宅勤務は、ジョブ型の用意よりも在宅でできる仕事を分けることから

新型コロナウィルスの流行とは裏腹に、在宅勤務は全般的に経営者に嫌われているように感じます。 経営者にとってはお得感が少ないのかもしれません。…


人事担当者が転職者の役員面接で意識すべきは基本ラインのすり合わせ

役員面接において人事担当者はでばらず、事務的な対応をすることが多いかもしれません。…


販促用の写真の組合せと構図をたくさん撮っておこう

採用、商品PR、会社のPRなどで写真を使うことが多いですね。 自分でも写真は撮れますし、プロの方に撮ってもらうこともありますが、 そのときには、余分に写真をとっておきましょう。 必ず役に立ちます。…


chair

採用コンセプトの内側と外側の行き来

コンセプトが決まらないときには 内側と外側の行き来をしてみましょう。 演繹的な発想と帰納的な発想の両方を行き来させることで ことばの印象を強固につなげることができます。…


up

採用の書類選考の基準に対する判断を書きとめておこう

採用においては、なんとなくではなく軸を決めて 選考することで、人によるブレを少なくできます。 最初に軸を決めた後はそれに従って書類選考や 面接をしていきますが、当初に決めた内容が…


cafe

休みやすさと休めなさのやりがい

組織は人がいなくなっても回るように することが求めるところでしょう。 もともと人がいないために いなくなると困る部署では人の供給や やめないようにつなぎとめる方法を…


wooden

在宅勤務を認めにくい理由と採用への効用

在宅勤務が導入された企業も 導入をやめていく動きが多いです。 しかし、応募者から見ると 在宅勤務ができるかどうかは、 企業を探す一つの基準になりつつあります。 在宅勤務をなくそうとする動きと…


まいせん(毎日の処方箋)です。

副業や独立・生き方・学び方など、少しずつ発信してお役に立てるようにブログをしています。情報過多の時代に、「金銭的・やりがい・生きがい」など判断に迷ってい人の背中をやわらかく押したい。更新が遅めなときは、子育てでフリーズしているかもしれません。

会社に勤めながら、2017年9月3日以来ブログをほぼ日で
1300日以上更新中。息子3歳11ヶ月、0歳5ヶ月。