キャリア構築

スポンサーリンク
租税法入門

「あなたが何に腹を立てているか」が論文を書くネタ

論文作成のネタは迷います。迷いますが、選び方の1つはあなたが腹を立てていることを探すことです。腹がたつほど考えるもの=テーマとして深みを持たせやすいのです。
社会人大学院

社会人大学院生に素直さが大切なことと大学は堅い組織だと自戒すること

社会人大学院生は、社会でもまれている分素直さが足りない場面に直面します。その感覚が合っているか間違っているかはともかくとして、大学側の規範も分かった上で問い合わせをする方が、良い返答を得られます。大学組織を理解した上で付き合うようにしましょう。
租税法入門

法律の教科書を学ぶ 目次の使い方、マーカー・アンダーラインの仕方

法律は構造をつかむことが理解を早めるコツです。しかし、細かいし入り組んでいるしで難しい。こんな時は、法律の目的を理解する、目次を使う、構造化したマーカー・アンダーラインが役に立ちます。やり方をまとめました。
社会人大学院

社会人大学生は、勉強だけではなくて家事もルーティンに入れ込もう

社会人大学院生は、勉強だけではなく家事もこなさないといけない人が多いでしょう。家族の協力が得られるとしても、ある程度の理解をしてもらうために自分でも家事をこなす。ぜひ、ルーティン化・細切れ化して帰ってきてからのタスクに入れ込んで、協力を得られるようにしましょう。
社会人大学院

社会人大学院が夜にある場合は、帰ってから副交感神経優位にしよう

社会人大学院の一部は、平日の夜。仕事帰りにあります。 少し寝不足になる人が多いようです。 原因は緊張したり頭を使うから。 通常のつもりで寝床についても案外とうまく休めません。 予備校などに行った後も同様です。 意識的に身体を休める...
社会人大学院

使える知識は 授業や講演会で明日やることを一つ見つけることから

学ぶことは具体的な方が結果が出やすい。同様に、授業や講演会を聞くだけではそれらの内容は身につきにくいです。上手にこなすべきことを具体化してすぐさまこなすことで、聞きっぱなしで終わるリスクを下げられます。
租税法入門

オススメ六法と六法アプリ|重い鞄を軽くしたい法学部や租税法研究向け

法学部の人のカバンは重くなりがちです。教科書が重い他、六法全書の持参をすると持ち歩く書籍が増えるからです。小型版の六法全書を使うか、アプリなどを使うことも選択肢です。重いカバン対策で、六法全書の選び方をまとめてみました。
キャリア探し

情報見えすぎの弊害で、キャリアへの挑戦心をなくさないようにしよう

インターネットでキャリア探しの情報が増えることはいいことです。 選択肢も増え、何をしたらどのような仕事ができるか明確になるからです。 しかし、見えすぎることによって挑戦することを減らさないように気をつけましょう。 可能性は挑戦...
オススメ商品・サービス・DIY

税理士業開業準備でひげ脱毛に通ってみる

税理士開業を目指して、脱毛を始めました。士業を開始しようとする男性陣は気にしてもいいところ。しかし、ひげは男性のアイデンティティのため、脱毛を始めるまではかなり迷います。ひげの使いどころから料金、脱毛の仕組みまでまとめてみました。
社会人大学院

会社員が大学院行くと、日常への変化を得られるのか?

会社員が大学院に通うのは、小さな変化を求める気持ちを満たせるのでしょうか。また、アカデミックに興味がなかった人が、大学院に通うというのはいまいちしっくりこないかもしれません。小さな変化を求めて会社員が大学院を選ぶというのはどういうことか、改めて考えてみます。
スポンサーリンク