社会人大学院

スポンサーリンク
社会人大学院

税法免除通過率を問い合わせても大学は具体的な率を回答できなかった

大学院の学位での税法免除について、 どれくらいの率で通過をするのかを 問い合わせしました。 が、問い合わせで回答してくれたのは たった1校だけでした。 大学院についての具体的な話は 卒業生や在校生に聞く方がわかります。 ...
社会人大学院

すでにわかっている学問領域は自分の知識の枝の所在を明らかにする

大学の授業は、知っていることを講義されることもしばしばあります。 自分がすでに仕事で行なっている領域の 仕事であると、あまり得るものもなくということもあります。 こういった領域の授業は取らない方がいいのかなと 感じる一方で、探求の観...
社会人大学院

法学研究の課題は 挑戦するべきなのか 安全率を重視するべきなのか

法学関連の課題の完璧さをどこに置くかは 経営関連の課題の完璧さと一味違います。 営業の観点と法務の観点が違うように 違いが存在するのは当然かもしれません。 営業的素養がある人ほど感じる 法学を学んだときの違和感と向き合う ...
租税法入門

「あなたが何に腹を立てているか」が論文を書くネタ

論文作成のネタは迷います。迷いますが、選び方の1つはあなたが腹を立てていることを探すことです。腹がたつほど考えるもの=テーマとして深みを持たせやすいのです。
社会人大学院

社会人大学院生に素直さが大切なことと大学は堅い組織だと自戒すること

社会人大学院生は、社会でもまれている分素直さが足りない場面に直面します。その感覚が合っているか間違っているかはともかくとして、大学側の規範も分かった上で問い合わせをする方が、良い返答を得られます。大学組織を理解した上で付き合うようにしましょう。
社会人大学院

社会人大学生は、勉強だけではなくて家事もルーティンに入れ込もう

社会人大学院生は、勉強だけではなく家事もこなさないといけない人が多いでしょう。家族の協力が得られるとしても、ある程度の理解をしてもらうために自分でも家事をこなす。ぜひ、ルーティン化・細切れ化して帰ってきてからのタスクに入れ込んで、協力を得られるようにしましょう。
社会人大学院

社会人大学院が夜にある場合は、帰ってから副交感神経優位にしよう

社会人大学院の一部は、平日の夜。仕事帰りにあります。 少し寝不足になる人が多いようです。 原因は緊張したり頭を使うから。 通常のつもりで寝床についても案外とうまく休めません。 予備校などに行った後も同様です。 意識的に身体を休める...
社会人大学院

使える知識は 授業や講演会で明日やることを一つ見つけることから

学ぶことは具体的な方が結果が出やすい。同様に、授業や講演会を聞くだけではそれらの内容は身につきにくいです。上手にこなすべきことを具体化してすぐさまこなすことで、聞きっぱなしで終わるリスクを下げられます。
社会人大学院

会社員が大学院行くと、日常への変化を得られるのか?

会社員が大学院に通うのは、小さな変化を求める気持ちを満たせるのでしょうか。また、アカデミックに興味がなかった人が、大学院に通うというのはいまいちしっくりこないかもしれません。小さな変化を求めて会社員が大学院を選ぶというのはどういうことか、改めて考えてみます。
社会人大学院

仕事・日常に変化を求めての社会人大学院は、満たされるか?

社会人大学院は、自分が変わる場所になるのでしょうか。入学するまでは、閉鎖的で今更知識を身に着けるために学校に行くことへの懐疑がありました。しかし、入学してみると、仕事への刺激や変化を求める上でとてもいい場所と感じます。まとめてみました。「社会人大学院に興味がある方へ」です。
スポンサーリンク