AI

スポンサーリンク
ビジネスx哲学

AI翻訳に対して英語ができるよさは思考理解と仲間化、ケンタウロスチェスを見越した英語力をつけよう

AIの翻訳もあり英会話の能力が要らなくなるという話を耳にしますが、本当にそうか考えてみます。 私のレベルとしては海外で通訳なしで価格交渉やら性能の打ち合わせをするレベルです。 通常会話であればAI翻訳の力を頼るので十分に海外の方とコミュ...
AI

AIはあいまいだが、愛のように想像してもらえる言葉

「AI」は、何を指しているかあいまいな言葉です。 できることも広く、何かを言っているようで言っていないように映るものとなります。よく知っている方には、 「語呂合わせで言うことがないからつぎこんだのでは?」 と思われてしまうことも。 ...
AI

AIが迎える人格形成と「イブの時間」

AIが仕事を奪うという話が日本で浸透しやすいのは、AI技術で人間に類似したものが作れるという可能性を感じるからでしょう。 難しい話はおいておいて、これは娯楽の内容にもつながります。 アンドロイド技術の進展に合わせたストーリーとしてひかれ...
AI

「AIがとって変われないこと」と「人がする競技魅力と共感」

将棋の競技者の人とAI将棋についてどう思うか話をしました。AIは確かに強いですが、それが魅力にはならないというのが、彼の意見です。 人にとって代わるAIの話はどこでも出てきますが、取って代わった後の価値を評価するのは人間です。人が評価する...
機械学習

翻訳不確定性と機械学習やAI

機械学習やAIの応用可能性の記事がたくさん出ています。実用可能性が高い話であったり応用力が高い話も耳にするでしょう。 しかし、翻訳不可能性を考えれば単純に人間の全ての活動を置換できるわけではないです。プログラミングや数理から機械学習やAI...
AI

人を説得する仕事は、AIではまだまだ奪われない

AIが仕事を奪う話はどこへ行っても耳にします。しかし実感値としてAIがすべての仕事を奪えるかというと、そうはなりません。恣意的な判断を人間がしており、その判断に合わせた結果を出すのであれば、100%の自動化はありえないからです。特に経営判断...
AI

AIに人間が対抗するには直感力

AIが仕事を奪っていく話はずっと話題になっています。自動化という考え方や労働人口の現象に対し、AIの需要が高くなっています。しかし、人間が直感として「理由がないけれど」正しいと感じる力は、まだAIにはありません。この点を考えてみます。 ...
AI

ネットで学べない需要を見つけておく

インターネットによって情報の価値が下がる中、ネット上で学べないことは何かを考えることが大切です。ネットで学べないことを見つけておくことで、ビジネスの需要を見つけることができるからです。       音楽業界の動静を見て ...
スポンサーリンク