★TAX・会計・法律

スポンサーリンク
所得税

GoToトラベルで出張したときの会計処理と税務処理の一考察

GoToトラベル・キャンペーンは出張であっても適用可能です。 一般事例として、同支援を受けた出張の会計処理や税務処理の考え方をまとめてみました。 GoToキャンペーンの概要 旅行代金の35%の還付をしてくれることと15%分...
論文作成

アメリカの税法を調べるときの参考書

比較法は法律の妥当性を別の次元で 観測するのに有効です。 例えば、「保育費」を所得控除できるか。 女性の社会進出にかかわるようなテーマとして、 興味を持ってくれる方がいるかもしれません。 こちらは、山田先生の考察が面白...
租税法入門

個人事業主の収入でも給与所得に該当することがある

救済として持続化給付金の対象が 給与所得や雑所得として申告している 個人事業主に拡大されましたね。 経産省が主導しているので税法を 分かっていない人が制度拡大をしている というコメントも見られます。 給与所得をもらってい...
租税法入門

法人税法では法人擬制説と法人実在説を都合よくとってる

法人税法での配当の益金不算入が 出てくると、必ず法人擬制説がセットで 出てきます。 租税法をしているとそれ以降はなかなか 法人擬制説以外の説が出てこないので、 租税法専攻人は法人擬制説が 優位のように感じる。 でも、民...
租税法入門

租税法の国際比較は隣の家の事情をどうやって引き寄せて論じるか

租税法においても国際比較は示唆に富みます。 論文においても、国際比較をすればその内容を豊かにしてくれるはず。 でも、「他の国が認めているから」「他の国もやっているから」というのは、ちょっと安直に感じます。 どこまでいっても隣の...
租税法入門

租税法はきゅう屈な学問か、学際的で楽しい学問か

租税法は窮屈な学問なのでしょうか。 そういう話が出たので少しまとめてみます。 「きゅう屈」という他法学の人との話 租税法が少しきゅう屈いうことを言われました。 法学分野自体がカチカチしているイメージです。 ...
租税法入門

税法のやさしいエッセイとして読める「税法思考術」

税法思考術という名前で本が出ています。 税法思考術 posted with ヨメレバ 作者:木山 泰嗣 出版社:大蔵財務協会 発売日: 2020年05月07日 楽天ブックス ...
★TAX・会計・法律

自己責任とキャリア権

キャリアの構築は自己責任ととらえられがちですが、キャリア権というものの存在を認識して修正がされる考え方があります。 多様性を認める意味で、面白い考え方なので紹介をします。 キャリア権とは キャリア権とは、幸福追求の自由、職...
補助金

雇用調整助成金をオンライン申請してみる

雇用調整助成金の申請がオンラインで可能となりました。 雇用調整助成金は申請が面倒だという批判が出ていましたので、そちらへの対応ですね。 社労士さんにお願いすることも選択肢ではありますが、助成金としてもらう実入りが減ります。 余...
補助金

特別定額給付金 マイナンバーカードあり カードリーダーなし iPhone申請

特別定額給付金をiPhoneで記録がてらに申請してみました。 とりあえず次の3つがあれば、進めていけます。 ちなみに、マイナンバーカードを申請したい人で引越しで通知カードと住所が違う方はこちらをご参照ください。 ...
スポンサーリンク