スポンサーリンク

秒速5センチメートルが鬱結末でつらいならマンガ版で秒速病を治そう

新海誠監督の天気の子が2019年7月19日にロードショーですね。

映画『天気の子』公式サイト
全世界待望ー前作『君の名は。』から3年、新海誠監督、待望の最新作!『天気の子』7月19日公開 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語

過去の作品もAmazonPrimeなどで無料で
見れますが、その中でも秒速5センチメートルの
ストーリーがつらいとの意見をよく耳にします。

つらい話で終わってしまって後味が
悪い方が多い作品です。

そんな方は、ぜひマンガ版を
読み直してください。

物語はニュアンスの塊。
マンガ版は、きっと別の後味を提供してくれます。

 

(秒速5センチメートルアニメおよびマンガのネタバレを一部含みます。ネタバレをしたくない方はご覧になってからお読みください。)

秒速5cmの結末が気に入らない人はマンガ版を読むべき

スポンサーリンク

基本的なあらすじと閲覧者の気持ちを鬱屈させる理由

人の気持ちの描写はニュアンスの塊です。
アニメを見ると、主人公の男の子である
貴樹くんは、最初に会ったヒロインの明里に
気持ちを持っていかれたまま。

一方の明里は別の人と結婚してしまう。

貴樹くんは、一人気持ちを置いていかれた
状態で、こじらせた男子のような内容で結末を迎えます。

これが大まかなあらすじです。

□サービスメニュー
個別コンサルティング
・履歴書・職務経歴書コンサル(検討中)
・大学院志望理由書・研究計画書コンサル(検討中)

 

マンガ版の良いところ

アニメ版での貴樹くんのこじらせ具体に
抵抗感を感じる人が多く、また、
結末から想像力をかきたてるものがあまりありません。

後味の悪さはここからきています。

それに対しての解答がマンガ版にはあります。
マンガ版の良いところを5つ紹介いたします。

雪の日の出会いが貴樹くんに前向きな契機担っている

雪の日の出会いで直接種子島にいくことを伝えています。

電車の遅れも悲劇的な内容でなく、出会いでのトラブルとして描かれていて、かつ、明里が涙で出迎えてくれています。

 

出会ってから、将来宇宙飛行士になりたいことを伝える話もありました。
こじらせ男子で、何も言えないだけの男の子ではなく、前向きさが見え隠れしています。

明里「貴樹くんは この先も 大丈夫だと思う。
ぜったい!」
この言葉が、アニメでは明里本人が本人を納得させるための言葉でした。

マンガ版は、貴樹くんが前向きであることん象徴としての言葉担っています。

花苗が誰かわからない恋のライバルのことを直接貴樹くんに聞いている

アニメ版では、よくわからない誰かを想像してうじうじしている花苗です。
マンガ版では、恋のライバルのことをちゃんと貴樹くんに聞いています。

アニメ版でクローズアップされませんが、花苗も貴樹くんと同様に何かうじうじしていました。

よくわからないものが何か特定する。
そして行動する。

アニメで描かれなかった花苗の未来の前向きさを感じることができます。

マンガの2巻目ではアニメと同様に、核心に迫れずに勝手な判断をしてフラれてしまいます。
でも、ちょっとだけは未来を感じられます。

ちなみに、種子島を出る飛行機に乗る日、
花苗は貴樹くんに好きだったことを伝えています。

社会人になって貴樹くんが付き合った女性が暗くない

アニメ版では、なぜあんなにくらい描写の女性と付き合っていたのか。
自暴自棄になっている貴樹くんに見えました。

マンガ版で、その女性(理紗)はもっと明るい表情です。
また、貴樹くん自身もちゃんとその女性を見ている描写が出ています。
過去を引きずっているだけの暗い暗い男の子の延長ではありません。
ちゃんと二人で笑いあっていました。

アニメ版ではメールだけですれ違いを演出していましたが、
マンガ版では、岩舟駅に理紗を連れて行きます。
ちゃんと過去の自分と向き合っている貴樹くんが
表現されていました。

貴樹「他の人を 好きになる ことも
敗北だと思っていた」
少しずつ想いを形にします。
貴樹「…誰にも 話したくない 記憶だった
でもそうやって 不可侵の感情なんて
作ったから 今まで何人も傷つけてきたんだ」
最後には、しっかりと自分の過去の気持ちに向き合って
理紗という第三者に気持ちを明確化しています。
何かよくわからないものに囚われた
中二病をわずらい続けた社会人では内容に表現されています。

理紗の続きが描かれていて、その部分は
アニメ版よりもマンガ版が切ないのですが。
それでも、マンガ版はどのキャラクタも
すれ違いつつ、相手の気持ちに寄り添っています。

 

明里も引きずっている描写がある

アニメ版で、引きずっているのが男性側だけというのは、
男の子がこじらせていた物語に見えます。

しかし、マンガ版は、女性側にも今も続く想いが
あることを表現しています。

明里「私はちゃんと 思い出にできたよね?
ただ ただ あなたの幸福だけを祈れるぐらいに」
明里が渡せなかった手紙。
待っている間に書いた手紙の一部も
マンガ版で読んでくれています。

その手紙を読めば、アニメ版で
鬱屈させられたあなたの気持ちも少し
晴れるのではないでしょうか。

マンガ版では、ちゃんと過去の明里が
踏切で見送ってくれます。
過去との決別です。

花苗の就職先と貴樹くんとの今後

看護師になって病院に勤めることになっています。

将来何をしていいかわからなかった。
もう一人の宙ぶらりんの女の子の将来も
描かれていています。

別の男性に口説かれてもいます。
それでも、まだ少し踏ん切りがつかずに
東京へ行きます。

姉の言葉に押されて。

姉「手に入れられないのに 諦めきれなくて
現実的な幸せを邪魔するなら
近くまで行って 正体を見てくるのが
一番じゃないかな」
・・・
明るい未来に向かった終わり方となっています。
マンガ版の最後は、直接確かめてみてください。

まとめとして

マンガ版でも、ちょっとだけ
ウジウジした感じがありますが、
想い人を持ち続けること自体がそういう
ことなのかもしれません。

アニメ版とは、プロットが近くても
全く違う後味の作品になっています。

アニメ版が納得できない人は
読んでみるとスッキリできるかもしれません。

 

 

【編集後記】
外でプールをしようと考えているのですが、
雨の日続きで悩ましいです。

まだ、梅雨ですからしょうがないですね。
別のことをしてハレの日を待ちます。

【運動記録】
ジョギングX ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
オリオンビール 夏一番

【子育日記(2歳)】
お手伝いをしてくれます。
父親として、小さくても何か課題をあげるのが楽しいです。

新しいことに取り組むときの楽しさを
こちらも思い出せます。