プロフィール

 

まいせん(毎日の処方箋)です。

中小企業の総務部に10年勤務。
「小さな会社を良くしたい、バックオフィス担当者のキャリアを輝かせたい」。
経理・採用・貿易・労務・IT導入などを経験している目線からの情報提供しております。

2021年を目指して税理士として独立するつもりです。
現在は、大学院に通っています。

中小企業を良くしたり、キャリアに役立ったりする情報を提供しています。
最近 どんどんやんちゃになる2歳1ヶ月の息子と、暮らしております。

icon

 

お役に立てること

ブログの情報提供で、まずは皆さんのお役に立てるようにと考えております。

お手伝いする内容は、次の三つです。

  1. コンセプティング
  2. 個人・組織のアイディアを深めたり、整理すること
  3. ITを中心としたツールと表現

My Concept

現在具体的にはこちらのサービスを考えています。
その他ご要望があれば、ぜひお知らせください
独立前にも、ご提供できるサービスは少しずつ開始していく予定です。

  1. 履歴書・職務経歴書の校正
  2. 大学院の志望動機・研究計画書の校正
  3. ITツール・ワークショップなどのご紹介
  4. WEBマーケティング
  5. ビジネスと哲学
  6. 個人のキャリアと喜びを深める

 

なぜ税理士を目指しているか

大学を卒業した中での最初の仕事選びは、うまくいきませんでした。

景気の動向だけでなく、自分が何をしたいのかがはっきりしていない状態。
しかし、自分の腕だけで食べていきたいという気持ちだけはしっかり持っていました。

試行錯誤の上で、営業の仕事をまずは経験するつもりで仕事を探すことに。
そして、日本の経済が縮小していくことや希少性の観点から海外営業を選びました。

最初に、就職した企業は今の基準ではいわゆるブラック企業です。
違反が分かっているのでタイムカードを一月導入してすぐにやめるレベル。
経験を積むこと主眼にしていたので気にせず長時間労働をしました。
文字通り、人の倍の時間を働きましたし、仕事の密度もあげました。

当時の遠恋の彼女と会って、少し朝遅く行ったときに結構な時間を
説教されたり。商売を取ってきてもなかなか出張に行かせてもらえなかったり。

それでも、できる限り成果を残そうと新規の売り込みや
お客さんの調査アプローチをし続けました。
営業力はどの仕事でも基本になる能力と考えたからです。

その中で、自分の腕だけで食べていきたいという最初の想いに戻ってくる。
税理士を目指そうと考えた瞬間でした。

そして経理系の仕事に移ります。
今は売り手市場でしょうが、当時の紹介会社の態度のひどいところも。
「営業→経理」は新しいキャリアでなかなか移りにくかったです。
その後の採用業務での業者選定にも活きています。

人生何が役立つかわからないものですね。

今は、税理士資格の取得目算が立っている状態まできました。

 

なぜ毎日更新ブログを始めているか

サービスマーケティング

サービスマーケティング・WEBマーケティングを今から試したいと考えています。

腕一本だけで食べていきたいと考えますが、士業も安泰の世界ではないことを理解しております。
今から、個人と社会のつながりを実践した上で開業したいと考えるため、ブログを始めました。
営業だけがうまい士業は非難されるべきか。サービスとサービスの利用コストを考える

小さな変化への挑戦、他の人もできる挑戦を目指して、日々情報発信をしています。

 

ブログは678日毎日更新中。
アフィリエイトでは、ちょびちょび稼げるようになっています。
副業機運も高まっている時代のため、
ブログの継続サポートやセミナーなども開きたいです。

 

やりがいを創るために

生きる上でお金が必要であっても、それだけがあっても結局物足りない。
今、引退している方々でもやることがない、お金の不安はなくても楽しみがない方がいます。
30代の私でも、今と同じことをしていては、その方々のようになるのが目に見えています。

また、今は右肩下がりで収入が減る時代。
収入を得る工夫もやりがいをえることと同時に必要です。

その一方で、人生は長くなっています。何のために何を楽しんで生きるのか。
あるいは生きなければならないのか。生活するためだけに生きるだけではハリがない。
つながりもなく、孤独になりがちなのは男性です。

解決のヒントは、主体的に社会に提供できる生業を探すことかなという結論に至ります。

 

縛られていないことが自由ではありません。
自ら主体的に選択することが自由なのです。
その自由が人生の満足感につながるのです。

だからこそ、複業関連の情報の提供して、見てくれている人の
人生への満足感を高めたいと考えます。
その働き方の多様性や個人の自己実現をどうやってかなえていくか、
私自身が迷っている人のモデルになれるよう試行錯誤しています。

 

今していること

税法免除の大学院に働きながら通学

2019年4月から社会人大学院に入って税法免除とMBAの取得を目指しています。
租税法や民法など、法律関連の体系化と実用化も目標です。
長年勤めてきた知識の整理や深掘りも実現するつもり。

会社ではバックオフィス全般

会社では、人の気持ちのつながりを大切にできるように働いています。
具体的な仕事は、バックオフィス全般の部署を統括。
経理、人事採用、労務管理、輸出入を主で担当。総務管理士で、
ITマーケティングやワークショップも得意です。

経理と採用の兼務は比較的珍しいのですが、案外とできております。
新卒採用・中途採用歴は10年以上です。

経理業務と採用業務の相性の悪さと良さ

 

すべては人の気持ちを大切にする過程につながっているつもりで仕事をしていってます。

 

経理関係の業務だけでなく採用や労務関連の業務全般も経験しております。
取る側だけでなく、自分や組織のキャリアについてもよく考えております。

 

家づくりと生活

注文住宅を建てたことがあり、土地探しから建築中の
現場の立会いまで行った経験を元にアドバイスもしています。

かくいう私も、家を持ちたいとは思っておらず、
買うどころか注文住宅を建てるなどとは思っていませんでした。

所有が否定される世の中です。消費財としての家は、あまり意味を成しません。
しかし、家は不動産。資産形成にも役に立ちます。時短にも寄与できます。

「持たないトレンド」だけにとらわれる必要はないのです。

 

家を持ってどうだったのか、何が変わったのかということも
感じたことを伝えたいです。一方で家関連に関わる製造者や
販売者は多く、売りにかかる人も多いです。望まないものを買う必要はありません。

何かを感じ取ってもらえれば嬉しいです。

 

学びや提供できる情報

  • ワークショップの考え方や運営方法の研究
  • 賃貸併用住宅の調査
  • 新卒学生・中途転職者への採用目線でのアドバイス
    • キャリアの方向性アドバイス
    • エントリーシートアドバイス
    • 履歴書
    • 自身のやりたいことのアドバイス
  • 採用企画
    • 仕事のやりがいの企画構築
    • 会社説明会347回
    • 工場見学 137回
    • 面接498回
    • インターン企画 17回
    • 採用フローやSPECの設計
  • 消費者の立場からの不動産購入の情報提供
  • 機械学習
    • 営業支援ソフト
  • マーケティングや仕事の効率化のためのIT運用
  • 営業・総務・経理・人事・貿易の各分野の連携を考えつつ、最大の効果をあげる目線を持って行動中
  • Googleデジタルワークショップ修了
  • 総務管理士
  • 宅地建物取引士
  • デジタルマーケティング
    • webコース 5つ修了
  • Apple Teacher取得 2019年
  • パソコン選定・サーバー選定
    • 会社のパソコンの選択・設定
    • サーバーの選定・日常管理
  • 会計ソフト・原価計算ソフトの導入、運用計画・管理
    • ITも分かりますし、経理も分かってますので、どのような記録がどのようにつながって何を出しているか、よく分かっているつもりです。
  • 大阪大学 ワークショップデザイナー育成プログラム修了

得意なこと

  • 本を読むのが早い
  • まとめるのが早い
  • 全体の俯瞰力がある
  • ITツール全般を組織で使うこと
  • 英語話せる(輸出入、化学品や工場設備の商談や貿易手続きも含む)

苦手なこと

  • 同じ話の繰り返し
  • 決断できない人の仕事に何度も付き合う

 

やらないことリスト

  • 平凡な日をいつもと同じと考える
  • 物事を一面だけから考える
  • 自分が正しいという主張を第一にする(正しいこととそうでないことの区別はする)
  • 相手の退路を断つ、駄目押しする、答えは1つだと思い込む
  • 自分と違うものがあることを忘れる
  • あからさまにものを言う、書く
  • 含蓄を忘れる
  • お山の大将になる
  • 衆を頼む
  • なりふり構わず物事をする、なりふり構わない他人を否定する
  • 社会の規範に従うことが自分を失うことだと思う
  • 美しいものとそうでないものをはっきり区別してもいいが、その判断を他人に強要する
  • 心の社を汚す
  • ゴルフ
  • 喫煙
  • 情報がうるさすぎる資料を作る
  • やらないことリストを曖昧にする
  • アウトプットにつながらないことをする
  • 自分のストレスを理解しない
  • 目標を見失うこと
  • 挨拶を大切にしない
  • 与えない(集めたものでなく、与えたものが人に残る)
  • 時間と労力だけで仕事を解決する
  • 時間を無駄に使う
  • 身体を鍛えない。身体が資本

  • カナダ
  • インド(Chennai、Bangalor、Mysuru、Mumbai、Thiruvananthapuram、Kochi、Kovalam、Kanyakumari、Madurai、Mahabalipuram、Nashik、Hyderabad)
  • ベトナム(Hanoi、Ho Chi Minh、Mekong River)
  • アメリカ
  • 韓国(ソウル)
  • イタリア
  • 熊野詣(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)
  • 伊勢神宮、荒祭宮
  • 宮島
  • 尾道の帆布
  • 淡路

美術館

    • アサヒビール大山崎山荘美術館
    • ねぶたの家 ワ・ラッセ
  • 2019年
    • ファンタジーアート展
    • フェルメール展 Osaka(大阪市立美術館)
    • 天野喜孝展
    • ルノワール美術展(ホテルニューオータニ)
    • 中浜稔 猫美術館
    • 室生山上公園芸術の森
    • スヌーピーミュージアム展(グランフロント大阪)

 

使っている機器・ソフト

  • MacBook Pro
  • iPhone X
  • iPad Pro 12.9”(第3世代)、Smart Keyboard Folio、Apple Pencil
  • 会計ソフト(弥生会計)

過去経歴

  • iPad2
  • iPad Air
  • iPad mini
  • Surface2
  • 2010年 DELL Optiplex Corei7、Windows7 ⇒Windows10

 

インストラクター経験

スポーツジムのインストラクター経験があります。

マシンメニューのプログラム、水泳教えてました。
水泳は競泳やトライアスロンの人たちが参加していました。

また、年齢が上がってから水泳を始めた方や
身体の硬い人向けに、水泳を楽しめる方法を提案。

 

競泳はしていましたが、水泳は楽に泳ぐことが
長年続ける人にとっての共通解です。

メディカルな視点を持ったスポーツジムでしたから、
そういう目線がいいなと。中高年や年配の人向け、
あるいは身体が硬い人向けでも伸びのある泳ぎに近づけるように
泳ぎのイメージ工夫から入ってます。

 

また、水泳が早い人は幼い頃からの感覚値で早い人が多いです。
それを言語化したりイメージ化するように努めていました。

高校のときも泳ぎが早くない人のコースの教育担当しました。

 

趣味

美術館巡り
神社・仏閣巡り

ちょっと昔の趣味

  • 幼稚園の頃からピアノを始める。
  • 小学校の頃からギターを始める。
  • 中学校でトランペットを始める。

 

バッグ

  • NAVA ゲート ブリーフケース スクエア ブラックインク

 

サーバーサービス

  • さくらインターネット

    • ちょっと遅い可能性を指摘されたので、変更しようか迷い中です。