情報を仕入れることと考えること

情報を仕入れることとそれに基づいて考えることは、段階が異なります。 でも、仕入れること自体でも頭の容量を割くため、考えたように錯覚することも。…


心はケガが見えにくいし治りにくいので、大切に

気持ちの病気になってしまうのは他人事ではありません。 気持ちが強い(と認識している)方にとって、特にこういった病気は他人事です。…


税法の修士論文はホームランばかりでなく、ヒットを狙おう

「修士論文はいいものを書きたい」とみんな考えるはずです。 でも、指導教員側と話をすると、「ホームランばかりではない。ヒットも狙おう。」とアドバイスを受けます。…


わかり合うことを求めるのか、結論を決めるのか

お互いが気持ちも含めて完全にわかり合うまで話し合わなければ結論がでないと考えるやり方があります。…


「お客さんから」と「業界」から見た独自性

その業界の方と話すと、基本的な前提を共有していて、業界標準のようなものがあることに気づかされます。 競合に対して優位になろうと考えれば、その業界標準と対峙する必要があるでしょう。…


サービスはお互いの歩み寄りで良くなる性質があること

サービスは、どこにでも発生します。 製品を売っている場合でも、そこに少しのサービスが介在します。 サービスを考える上で特殊なところは、受け手の協力がその質を上げるという性質があることです。…


時計

「とりあえずはじめる」を早くする

しごとでも勉強でも手に付かないときはあります。 そのときに、色々事情はあるでしょうが、とりあえずはじめるというのがいいです。 はじめた瞬間は、心がついていかなくて満足しないかもしれません。…


外から見た評価に気づく価値

自分から少し遠い方にコンサルをしてもらう場合があります。 また、コンサルではなくても、なにかお手伝いをしてもらう場合があります。 このときに一つ価値を感じることは、その方から見た私の評価です。…


まいせん(毎日の処方箋)です。

副業や独立・生き方・学び方など、少しずつ発信してお役に立てるようにブログをしています。情報過多の時代に、「金銭的・やりがい・生きがい」など判断に迷ってい人の背中をやわらかく押したい。更新が遅めなときは、子育てでフリーズしているかもしれません。

会社に勤めながら、2017年9月3日以来ブログをほぼ日で
1300日以上更新中。息子3歳11ヶ月、0歳5ヶ月。