腸を整えるために、定期的にヨーグルトを
食べる方は、その消費量によって
たね菌から作ると経済的です。

ヨーグルトをよく食べる人は検討してみましょう。

容器の形

ヨーグルトを作る際には、まずは容器を用意しましょう。

密閉できれば何でも大丈夫なので、イメージするのは
円柱形の容器でしょう。

 

 

 

 

 

 

ただ、これだと側面が意外と取りにくいので
今回用意したのは、こちらの容器です。

1L入るものをニトリで買っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たね菌の用意

たね菌を用意しましょう。

近くのスーパーでも売っているでしょうが、
アマゾンでも買えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2袋入で682円なので、1袋が341円です。
一度作れば数ヶ月は最低でも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方

最初に作る場合は、たね菌を1袋と
500ml程度の牛乳を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目以降に継ぎ足す場合は、出来上がったヨーグルトを
足し込んで、500mlでも1Lでもつくることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、容器にたね菌を入れ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初なので500mlの牛乳を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し玉になる部分があるので、適当に混ぜましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく混ぜた状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、常温でしばらく待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

経済的になる

最初のたね菌が340円としても、
あとは牛乳代でヨーグルトが作れることになります。

400gのヨーグルトが安いときで税込140円くらい、
1Lの牛乳が同様に140円くらいと考えれば、
たね菌代を除いて56円で400gのヨーグルトが出来上がる計算ですね。

340円÷(140円-56円)≒4なので、
4回作ればおおよそたね菌代の元が取れる計算です。

週1回買う人なら一月、
週2回買う人なら半月でペイできますね。

定期的に食べて管理が必要ですが、
それを満たせる人であれば
自分でヨーグルトを作る方がお得です。

自宅で食べることが増えている方で
ヨーグルトをよく食べる方は、
たね菌を使って作ってみてはどうでしょうか。

 

【編集後記】
ふるさと納税のいちごが来たので
分け分けしながら美味しく食べました。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
抱っこひもしているときに
少し漏らされてしまったので
帰宅後にお洗濯です。

まあ、そんな日もありますね。