スポンサーリンク

海外出張用のCOVID-19の検査機関検索(TeCOT)

海外出張をする場合には、特定の検査機関での
証明書が必要になります。

2週間の隔離措置を取る可能性もあり、
わざわざ行かないだろうと考える場合や、
ウェブ会議でいいやんと考える場合もあるでしょう。

しかし、工事を伴うなどあると
現地に行かざるを得ません。
その場合には、受け入れ側の許可にも従う必要があります。

総務部などがその手配を請け負うこともあるでしょう。
許可の場合には特定の検査機関に依頼をする必要がありますので、
その手続を見てみましょう。

スポンサーリンク

TeCOTでの検索

TeCOTは、海外渡航者新型コロナウイルス検査センターの意で、
Testing Center for Overseas Travelersの頭文字をとったものです。

こんなマークです。

 

 

 

 

 

 

こちらのリンクで利用できます。

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)             Testing Center for Overseas Travelers (METI/経済産業省)

使用する際には、gBizIDが必要です。
まずはその登録からしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

□サービスメニュー

 

gBizIDの登録

登録はこちらから可能です。

GビズID | Home
GビズIDは、1つのID・パスワードで様々な法人向け行政サービスにログインできるサービスです。順次、利用できる行政サービスを拡大していきます。

TeCOTを使うだけであれば、
gBizIDエントリーで十分です。

エントリーは即日登録ができます。
とりあえずの利用でよければ、エントリーの登録をしましょう。

「gBizIDエントリー作成」をクリックしましょう。

 

 

 

 

 

 

登録のメールアドレスを入力し、
「登録」をクリックです。

 

 

 

 

 

すぐにメールが返ってきます。

URLが載っていますので、クリックします。

 

 

 

「法人」「個人事業主」を選んで、必要事項を入力してきましょう。

法人番号を入力して、「法人情報取得」をクリックすると
住所などは自動で入力されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で登録が完了します。

必要な人はこのままログインしましょう。

 

 

 

TeCOTの申込

再びTeCOTのページに行きます。

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)             Testing Center for Overseas Travelers (METI/経済産業省)

gBizIDを入力して進めば、
利用規約が出てきます。

読んで、「利用規約およびプライバシーポリシーに同意して進む」を
クリックしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

検査証明が必要な国とそうでない国、
また日本がから渡航ができない国などが一覧で見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言中は、実はTeCOTを使うことができません。
しかし、宣言が解除されれば新しく申し込みができます。

その際は、「新規予約登録」から進みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【編集後記】
使用している判例について、最高裁のものが更新されたため、
口頭試問後ですが書き直しをしています。

書き直さずに出しても通るはずですが、
クオリティをなるべく上げたいなと。

同日に参加したセミナー、面白かったです。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
寝かしつけのコツをつかんできました。
泣かれまくっても耐えられる感じです。
自分の性質をうまく使えています。

総務部
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)