スポンサーリンク
WEBマーケティング

少量のお酒も実は身体に悪い。統計値からバイアスを除く難しさ

統計値からバイオスを取り除くのはとても難しいところです。「少量の飲酒でも身体によくない」、これまでの通説を覆す結果が統計値から出ています。因果推計と相関関係の違いをはっきりさせるには、研究者の解釈が入り込む余地が大きい。このことについて論じてみます。
IT

Apple Teacher資格でMacやiPadの教育現場活用を学ぶ

Apple Teacherの資格を取得しました。取得方法や取ってみて感じたことをまとめます。日本の教育現場は特に紙への傾倒が強いです。しかし、デジタルを使った際にはその良さを活かした課題やアウトプットがあります。教育方法を考え直す機会としてもいい資格です。
ビジネスx哲学

あなたの北極星の位置を見極めておこう ブレない行動をするために

ブレないあなたを作るには、 動かない点を見つけることが 大切です。 動かない点として あたかも想像しやすいのは、 おそらく北極星ではないでしょうか。 だから、ブレないあなたを 見つける際の別の表現で、 ぜひあなたの北極星を見...
ビジネスx戦略

思い込みの大切さと客観的な視点を謙虚な反省

何かに没頭することと同様に 客観的な視点も大切です。 両者はどちらかが優位なのではなくて、 両者ともに謙虚に受け止める内容でしょう。 何かから飛び抜けることは、 思い込みを続けていたからに 他なりません。 同様に、あなたが提供...
貿易

韓国に対する「輸出規制」ではない、輸出貿易管理令のホワイト国除外

韓国へのホワイト国の除外がニュースになっています。 その分の引き合いがニュース直後から 半導体を普段扱わない商社経由で 日本の方々へきている様子です。 ただ、韓国が日本に実際にしているような 禁輸を今回した訳ではなく、 ホワ...
ビジネスx哲学

学問が役立たないとの批判は日常世界から切り離す学問基本概念のせい

学問をしていると日常世界で役に立たないと 感じることが(しばしば)あるのでは ないでしょうか。 公理のように。 そこまでいかなくても定理のように。 何かしらの法則を明らかにするために 削ぎ落としてしまうものが多いせいか、 学問...
ワークショップ

新しい価値創造のワークショップ。国際教養大学での入試からその価値を

ワークショップは入試にどんどん取り入れられます。秋田にある国際教養大学でも入試にワークショップを取り入れています。工業社会を脱して何が正解かがわからない時代においてワークショップの真価が出ます。入試とワークショップの実例を少しまとめます。
ビジネスx哲学

人は論理にではなく単語に反応する

論理的に組み立てあげた 内容が相手を納得させる良い方法としても、 論理的な内容を読ませるのは難しい話。 大学の論文などなど読んでみて 確かに論理性が高いものが多いのですが、 分かりにくい。 世の中のことを表そうと考えれば 考え...
子育てと学び

子どもと学ぶ・楽しむ農業機械展示会

子どもと遊びい行く場所として、農機展示会をオススメします。農機はフェラーリのデザイナーを採用するなど、スタイリッシュになっています。ボタンもレバーもたくさんあり、目線も上がるし無料ですよ。
キャリア探し

得意を見つけるために苦手や嫌いな分野を理解する

普段 自分が慣れないことをすると、 うまくいきません。 うまくいかないことはストレスなのですが、 同時に、なにかを気付かせてくれるものでもあります。 「好きなものは何ですか?」 と聞かれても、 大人は自分の抑圧が上手ですから ...
スポンサーリンク