楽天銀行の場合の払込があったことを証する書類の作成例

会社設立の際の「払込があったことを証する書類」はインターネットバンキングでも作成OKです。

詳細についてはこちらです。

ただ、実際つくるときは迷いました。

なので、楽天銀行の場合を例に、「払込があったことを証する書類」がネットバンクの場合にどのようになるか、具体例として示しておきます。

目次

記載項目のおさらい

払込があったことを証する書類に記載するべき項目は

  • 預金通帳の写し(口座名義人が判明する部分を含む)を合わせてとじます。
    • 預金通帳の写しに代わるものとして,取引明細票,取引履歴照会票,払込金受取書,インターネットバンキング等の取引状況に関する画面をプリントしたもの(この場合には,当該書面に,払込先金融機関名,口座名義人名,振込日及び振込金額が記載されている必要あり)
  • 上記、書面の写しの入金又は振込に関する部分にマーカー又は下線を付す等して,払い込まれた日,金額が分かるようにしてください。

という感じですね。

楽天銀行の場合の払込があったことを証する書類

実際にはこんな感じでいけます。
書面は簡単ですね。

ひな型はこちらです。

口座名義人などは、トップページを出しておけば足ります。
簡単ですね。

入出金明細はその日のPDFだけで出しておいていいです。
不要な明細まで出す必要はありません。

払込日と金額はラインを引いておきましょう。

具体例で参考になったらうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次