スポンサーリンク

同じネットワークの他のWindowsパソコンにリモートアクセスする方法

接触感染防止から、近くに寄らずに
同じネットワークの上にある別のパソコンを
扱える方法についてまとめてみます。

今回は、Windows機同士のリモートアクセスです。

スポンサーリンク

IPアドレスの指定

ます、リモートを受ける側の端末の
IPアドレスを指定しておきましょう。

IPアドレスは、パソコンの住所のようなものです。

ネットワーク上でパソコンの住所を決めない状態だと、
その日その日で住所が変わる状態になります。

それを避けるために、住所(IPアドレス)設定を行います。

 

メニュー>Windowsシステムツール>コントロールパネルを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、「ネットワークとインターネット」をクリックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

次は、「ネットワークの状態とタスクの表示」です。

 

 

 

 

 

現在接続しているネットワークを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

プロパティを開きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「インターネットプロトコルバージョン4」を選択した上で、
「プロパティ」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「次のIPアドレスを使う」を選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定したいIPアドレスを「192.168.1.21」、
デフォルトゲートウェイをルーターのIPアドレスとして
「192.168.1.100」を例にすると
以下のようになります。
(代替DNSサーバーは設定不要です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下準備が整いました。

□サービスメニュー

 

リモートアクセス

操作を実行したい側のパソコンを開いて
リモートアクセスをしてみましょう。

Windowsアクセサリ>リモートデスクトップ接続を
選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程設定したIPアドレス()192.168.1.21)を
接続先に設定します。

(別のIPアドレスを指定していれば、それを入力です)

 

 

 

 

 

 

ユーザー名とパスワードを入力します。

この画像は、例としてユーザー名がAdministratorである場合です。

後はパスワードを入れましょう。

「このアカウントを記憶する」にチェックを入れると
次からこの入力がなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

接続確認が出ます。
こちらも、「このコンピュータへの接続について今後確認しない」に
チェックを入れると、次から聞かれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい」をクリックすれば、
接続先のパソコンの内容を操作できます。

簡単ですので、同じLAN内のパソコンを使いたいときに
設定をしてみてください。

設定しておけば、モニタなしでも
内容を扱えるので便利です。

【編集後記】
カフェで仕事をしていたら成人式で
着飾った方々に会いました。

気の合う少数で写真撮影をして
楽しむようです。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
寒い日なので、少しゆっくり目に
次男をお湯につからせています。

耳などに水が入らないように気をつけますが、
子どもはお湯に浮くので、
つからせているのが面白いです。