学ぶために働くより、教材やコンサルで学ぶべき理由

税理士は実務経験が求められているため、「学ぶために働く」と考える素地を感じます。 でも、「学ぶために働く」のは、実際は嫌がられます。…


隙間から

明日が見えないと明後日を考えられないから、少しだけ目線を上げよう

こういう時期でもできることを。 物書きをちゃくちゃくとされている方をできる限り見習いたいです。 筆を取ってもいまいち進みが悪いのは、集中がうまくできないからでしょうか。…


AI化で10年後に税理士業務の何がなくなり、何で食えるのか

税理士の仕事がAIでなくなる話はしばらく前に流行りました。 40代以下の税理士さんにお会いすると、口々に「AIの影響で税理士が食えなくなることはない」との回答を得ることが多かったです。…


mogurin baikinman

RPA担当者のメンテナンス効率性からは、組織よりも独立する方に向く

RPAのUiPathを中小企業において導入してみています。 知らない人に使ってもらえる工夫を仕込んだ上でですが、確かに役立ちます。 一方で、かなりメンテナンスが必要です。…


trees

初めて会う・関わる人の印象で自己分析・強み発見

自分の強みを分析するとき、 それは何かなかなか見つかりにくいものです。 仕事の成果が上手にはまった場合に 相手から褒められ、自分も満足する。 このパターンはわかりやすいのですが、…


nta

【ビジュアル】22年間の税理士試験科目別合格率で傾向を観る

税理士試験の結果が出ましたね。 それぞれの合格率をみるとどの科目を選ぼうか 迷う気持ちが出てくる方もいるのではないでしょうか。 量と合格が容易かは比例せずに 狙い目があると考えられますが、…


chairs

成長しない社会でものやサービスを売るときに考えること

日本の社会は不確定要素へ突き進んでいます。 会社でも組織でも拡大することは 比類せずにどこか心躍るものがあり 拡大それ自体を目標にしても突き進める魅力があります。…


誰かに説教されても、学びの仮説やキャリアは自分の軸で維持しよう

夏は試験が多い時期です。 普段の仕事と学業の両立に苦しむ時期。 普段の仕事のストレスはこういう時期に 限って高めになっているかもしれません。 ギリシャ時代から年配の方は若者に説教していたように…


まいせん(毎日の処方箋)です。

副業や独立・生き方・学び方など、少しずつ発信してお役に立てるようにブログをしています。情報過多の時代に、「金銭的・やりがい・生きがい」など判断に迷ってい人の背中をやわらかく押したい。更新が遅めなときは、子育てでフリーズしているかもしれません。

会社に勤めながら、2017年9月3日以来ブログをほぼ日で
1300日以上更新中。息子3歳11ヶ月、0歳5ヶ月。