独立や目標に向かう際に、一般的な時期を気にしない

大学時代の文章を見ていて、 「どう過ごすのが一般的なのだろう」 というコメントを見つけました。…


落ち込んだときの対応を決めておこう

日々の生活、しごとをしていれば落ち込むことが出てきます。 落ち込まない性質の人であっても、何かに新しく挑戦したり新しい環境になると、気持ちに来る可能性が出てきます。…


専門と違う研修を受けて発想の組合せを増やそう

専門分野を深める研修の大切さは当然あります。 でも、新しい分野のビジネスをしようと考えれば、専門と違う分野の研修を積極的に受けるといいです。 新しい発想よりも、組合せの妙。…


独立業務請負人から学ぶサービス提供で独立するタネ

「雇われる」と「独立する」は、地続きのようで別の道にみえます。 とある業種で独立されている方と話をしたら、20代の後半くらいでその道で独立していないと、遅いと考えているようでした。…


政府の副業推進は2社勤務を想定している

副業において自分のビジネスを推進していこうという動きが定常化しました。 新卒採用においても中途採用においても、副業を認めるかという選択肢が大きく出てきています。…


その目標にはワクワク感があるか

目標を立てる上で、具体性があるかはよく考えられるところですが、 その他に必要なものとして、ワクワク感があります。 感覚的なものになり測りにくいのが難点ですが、 その仕上がりを上げる効果があります。…


情報を出すハードルと、読んでもらうハードル

情報を出す側の第一のハードルは、その情報を開示していいかです。 例えば、企業の営業担当だったと想定して、その情報を外向けに出していいかは議論になることが多いもの。…


数が書けるかを、書くビジネスの指標にしてみる

コンテンツを売るしごとは始めやすくなりました。 昔であれば、作家になるなりライターになるなりは そちらにキャリアを走らせて一大決心が必要なしごとでした。 でも今は、クラウドソーシングが脚光を浴び、…


まいせん(毎日の処方箋)です。

副業や独立・生き方・学び方など、少しずつ発信してお役に立てるようにブログをしています。情報過多の時代に、「金銭的・やりがい・生きがい」など判断に迷ってい人の背中をやわらかく押したい。更新が遅めなときは、子育てでフリーズしているかもしれません。

会社に勤めながら、2017年9月3日以来ブログをほぼ日で
1300日以上更新中。息子3歳11ヶ月、0歳5ヶ月。