情報を出すハードルと、読んでもらうハードル

情報を出す側の第一のハードルは、その情報を開示していいかです。 例えば、企業の営業担当だったと想定して、その情報を外向けに出していいかは議論になることが多いもの。…


numbers

ある人は少ないと見る、ある人は多いと見る

人によってその市場の見方が違います。 そして、上手に市場を見ることができる人が 上手に商売を取っていけるんだと感心します。 *数は絶対的ではない      …


aisle

余計な介入を防ぐための新しい取り組み

すでにたくさんの人が取り組んでいる領域だと、 技術を持った人からの介入がありえます。 介入が好ましいこともあれば、 嫌なこともあるでしょう。 自分で好きにやりたいと考えるなら、…


shelf

上位互換の人が他にいると、あなたは専門と名乗れないか

上位互換の人とは、あなたがしている仕事を 他の人がもっと上手に、あるいは効率的に こなすことができる状態をいいます。 売りにしたい能力があるときに あなたの上位互換の人が存在してしまうと、…


nishiki

担当者が継続する価値がある

電話勧誘の対応をしていたら、キレられてしまいました。 社内担当者が辞めて居ないから社内で情報が取れないと、 今までの取引経緯を無視してなぜか怒りながら 質問と勧誘をされるという不思議な体験でした。…


floor

相手への価値が自分ではわからなくても、あなたの価値はある

インターネットでビジネスをするなら、相手へ提供できる価値を明確にしてから始めるように言われることが多いです。 もちろん、明確にできることが一番でしょうしセオリーかもしれません。…


WEBマーケティングでは、歩留まりを意識しよう

WEBマーケティングをするなら、歩留まりに注目しておきましょう。 歩留まりとは 一つのまとまりから次のまとまりに進む率のことをいいます。…


duck

「横並び精神」を使うときと避けるとき

「横並び精神」を感じることがあります。 誰かと同じことで安心感を得たい人。 誰かと同じことでは価値がでないことを理解して避けたい人。…


まいせん(毎日の処方箋)です。

副業や独立・生き方・学び方など、少しずつ発信してお役に立てるようにブログをしています。情報過多の時代に、「金銭的・やりがい・生きがい」など判断に迷ってい人の背中をやわらかく押したい。更新が遅めなときは、子育てでフリーズしているかもしれません。

会社に勤めながら、2017年9月3日以来ブログをほぼ日で
1300日以上更新中。息子3歳11ヶ月、0歳5ヶ月。