スポンサーリンク

「当たり前以外」をどこまで受け入れられるか

自分の当たり前以外をどこまで受け入れられるかが、
経営やマネジメントの段階での大きな課題です。

社内のハラスメントの事例で、
片方にとってはハラスメントと考えていないことでも
もう片方にとってはハラスメントでしかないとの
すれ違いがあります。

技術進化があって、以前の当たり前が
今の当たり前ではないことは増えます。

経営層の判断や説得において、
世代における当たり前が変わっていることを
きちんと前提におくことで、
同じ言葉を同じ言葉として聞いてもらえる
下地を作っていくことが、提案時に大切です。

not obvious

スポンサーリンク

新卒採用における当たり前の変化

新卒採用における当たり前の変化は激しいです。

教育も変わり、少子化となり、
一人一人に接する対応が採用担当者や
最終判定者とはかなり異なります。

説明会での変化をみるとよくわかります。

一昔前までは、「会社理念→事業概要→採用条件や福利厚生→研修制度→先輩社員の話」
という順番が多かったです。

しかし最近は「採用条件や福利厚生→研修制度→会社理念→事業概要→先輩社員の話」のように
条件面が最初に来るようになっています。

このことを一定以上の年代の方に伝えると、
条件ばかり見て本当に働く気があるのかと感じるようです。

大学選びにおいても少子高齢化。
各大学は、あの手この手で学生を呼び込みます。

条件を全面に出して売り込まれるのが
当然な世代なわけです。

□サービスメニュー

 

営業における当たり前の変化

採用活動における当たり前が変化した後、
次はその方たちが会社に入って年次を重ねます。

すぐに、条件面から入ることが
今まで主流だった営業活動の当たり前が変わります。

足で稼ぐ営業が当然でなくなるというCMを見て
そうは言っても、営業は変わらないでしょという
意見を言う世代もいらっしゃいました。

変化は急にやってくる

今はまだいいのですが、変化は急にやってきます。

世代が変わることが変化につながるからです。
通用する間に、変化に対応できるようにしましょう。

また、社内提案する場合には、
変化の前提を共有してから始めると
お互いの言語のズレを解消することにつながります。

【編集後記】
光の射し込みと気温から、なとなく
卒業式のシーズンと感じました。
実際には、まだ早いのですが。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
とある研修の調査

【子育日記(2歳)】
「おきがえするのいやっていわないよ」と
急に言ってくれました。何やらどこかで
学んできてくれているのかなと。

それでも、嫌なときがあればお互い気楽に向き合うつもりです。