海外の法学の文献を論文に引用するときに、
Bluebookを確認することをススメられます。

bluebook1

Bluebookとは

THE BLUEBOOKとは、法学の引用をする際に
どのように書くかを指南する本です。

最新版は2020年発行のものですね。
Columbia Law Review、Harvard Law Review、
University of Pennsylvania Law Review が関わって
編さんしております。

買わなくても、大学であればいずれかの版が置いてあるはずです。

写真の真ん中辺りのページが青色になっています。

bluebook2

構成は3部に分かれています。

第1部は青いページで、基本的な引用の内容を
示してくれます。ある程度コンパクトにまとまってます。

第2部はBluebookの心臓部で、引用のルールとスタイルを
記載してくれています。

2部自体が2つの部分に分かれていて、
1つ目が1-9のルールによって成り立っており
法学引用の基本的な部分を説明しています。

2つ目は10-21のルールで、
事例、法令、書籍、雑誌、海外と国際文献についての
ルールが記載されます。

第3部は、文献についての省略の方法などの
表が載っています。

とりあえず、修士論文を書くレベルで取り組むなら
青いページを読んでみましょう。

BLUEBOOKアプリ

Bluebookは高いのですが、
アプリ版があるのでご紹介しておきます。

2020年9月の版は、Amazonで5711円となっています。
アプリ版の場合は、Rulebook™というアプリ内で
購入ができます。

Rulebook™はこちらからダウンロードできます。

https://apps.apple.com/us/app/rulebook/id454619081

アプリ内の購入では、39.99ドルで購入できます。
紙は、34ドルですが日本では5711円となっているので、
アプリ版の方が格安です。
一年間のサブスクリプション版は32ドルとなっています。

青ページの概要

B1 B2 学術書とそれ以外の説明

学術書でされる引用とそれ以外の引用について
例示を示してくれています。

B3 引用文献前の記号の説明

無印の場合は、主張、直接引用などを示します。

E.g.は、他の文献でも直接同じ主張を示していることを
表す場合に使います。

Seeは、直接は主張していないけれども
意見を支持している内容の場合につかいます。

その他にも、see also, accord, cf.などもあります。
;(セミコロン)で文献を分けたりそれらの
順序について記載もあります。

B4 判例の引用

判例の引用について書いてあります。
結構細かなルールが載っています。

事例を全体で書く場合、
短い場合などあります。

また、Id.で省略する場合のことも載っています。
論文を書いていると字数過多にぶつかります。
どうやって省略して書くかは腕の見せどころでしょう。

B5 法令

法令の省略の方法が載っています。

一番基本的なこととして、
sectionの省略から始めてくれます。

§(セクション記号)は、最初見ると
何を言っているのかわかりませんが、
§でsectionを表してくれます。

以降

以降の分を箇条書します。

  • B6 憲法
  • B7 訴訟資料
  • B8 書籍や不定期刊行物
  • B9 雑誌、新聞
  • B10 インターネット引用
  • B11 説明の挿入
  • B12 文章の引用

といったところです。

何が書いてあるかちょっと知っておくと
触りやすくなりますので。

海外文献を引用してみたい人は、
ちょっと目を通しておくと便利です。

 

【編集後記】
BLUEBOOKの新しいバージョンを確認です。
2020年が最新ですね。

【運動記録】
ジョギング○ ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
お手伝いで、一緒に抱っこしてくれたり
おむつを取ってくれたり。
楽しんで手伝ってくれています。