スポンサーリンク

お父さんへオススメ 子どもと母の日のカーネーションブーケ

先日の母の日、2歳ですがお母さんへのプレゼントを買いに行きました。
もう少し何か凝ったものを一緒に作ってみるなどの選択肢もあったかもしれませんが、まずは形にすることから。

時期は少し過ぎても、子どもからプレゼントをもらえれば成長を感じられて嬉しいものです。
もし、まだ今年のプレゼントを買っていなければ小さなブーケはどうでしょう。

 
 
カーネーション

*子どもと買ったブーケ

スポンサーリンク

子どもには小さなカーネーションブーケが似合う

息子は2歳。
まだ、特に注文はできませんが、最近好きな色が出てきました。

なので、母親へのプレゼント。
お花屋さんに行ってカーネーションを選ぶところから始めました。

子どもから渡すことを想定しているので、カーネーションブーケくらいが渡すバランスでいいです。
簡単なものは500−600円くらいでも可能です。
1000円くらい出すと小さい割に厚みは出てきます。

写真のものは1200円くらいの予算になってます。

カーネーション2

お母さんは喜ぶ

単純に渡してもいいのですが、渡すときには何か子どもに言葉を伝えてもらいましょう。

いつもありがとう」がオススメです。
子どもにも言いやすい。

また、お母さんが実際に毎日何かをしていることが当然に想定されるので。

 

子どもが選ぶ時間も楽しい

子どもと何か選びに行くのは楽しいものです。
選ぶこと自体面白がってくれました。
それに、花屋の店員さんとコミュニケーションをとる機会。
なかなか子どもにあるものではありません。

どちらも楽しんでいたみたいです。
ことば が早い子どもであればもっと何かできるかもしれません。

好みをはっきりと言えるようになる2歳辺り。
買い物で好みを言いやすい年齢のようです。

という訳で、子どもからのカーネーションブーケ。
お父さんは子どもと買いに行くのもちょっとオススメです。

時期が少し遅れてもたぶん問題ないです。
母の日のプレゼントがまだの方は、ぜひぜひ選択肢にしてみてください。

 

【編集後記】
工程管理のソフトウェアの導入をしてます。
働き方改革に向けても、情報共有・調整の下地に必要なところ。
終身雇用への動きはありますが、できることから少しずつ。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレX サプリO

【昨日のはじめて】
バリバリ旨塩チキン

【昨日の子育日記】
子どもに目薬を取られました。
キャップがついているし、外すとペンみたい。
ということで、キャップを外して目薬でお絵かき帳にかきかき。

純粋に形が似ていることが判別できるのだなと。
のんびりせずにすぐに渡してもらいましたが。。