スポンサーリンク

職務内容で仕事を選ぶことと会社で仕事を選ぶこと

職務内容で仕事を選ぶことと会社で仕事を選ぶこと。どちらをするかは迷いどころです。

会社組織の威光や社会に出た後での心の余裕が出るのは大きな組織に勤めることの良いところです。その一方で、組織勤は好みの仕事ばかりできるわけではない。特に大きな組織は好みの仕事を一人の人に任せてくれない場合も多いです。仕事が多いからでしょう。

組織に寄り添って生きないのであれば、やはり職務内容から仕事を選ぶことが人生の満足をあげます。

傘

*晴れの日は良くても、雨のひの組織は困ります by iPhone X

 

 

スポンサーリンク

組織から選んだ方の例

とある女性は、大手の製造メーカーに勤務しました。東京にも勤務し、そのあとは自分の生まれ故郷の付近に移動。7年程度そのまま勤務です。販売店をコントロールする立場で自分なりの工夫をして担当範囲のお店の売り上げを高めていった経験を持ちます。

 

不意に、その方は転職しました。大きな企業だと、風通しのような自由さがない部署もあり、その中で上手に立ち回るのに疲れたようでした。

次は、ウェブマーケティングの企業に転職。

 

気がつくと、またその会社を辞めていました。

第三者からみても、販売店のコントロールをする仕事の中でウェブマーケティングの才能を培えた感じはしません。注力していれば別ですが、付き合いも多い組織の中でその方は才能をあげずに次の会社へ行ったようです。

結局今は、4社目。大手の企業にいた価値も、ここまでくると薄れています。

 

□サービスメニュー

 

仕事内容から選んだ方の例

人事をやりたかった女性。人事職は案外と人気があります。ただ、人事職につきたくてもつけない方がある一定の数います。

この方は、組織ではなく職務内容で仕事を選びました。

 

選んだ会社は小さな人事代行の会社。小さな会社ならではの苦労として、なかなか仕事をもらうことはできませんでした。最初は営業回りをしつつ代行する依頼者を探すのです。

しかし、続けるというのは才能なのか、ある程度の入り込みをしながら、その会社の必要な人を選定する力が身についてきました。

 

先日お会いすると、顔つきが変わって充実した仕事をしている雰囲気でした。

彼女が望むか望まないかはおいておいて、時期を見れば人事職として別の企業へ移ることも可能でしょう。

 

一長一短。どちらが好きか

職務内容を選んで仕事をするのも組織を選んで仕事をするのも、一長一短です。自分が望むのもに近い方が最終的には良いです。

ただ、組織体をあてにしながらの仕事は転勤も伴います。転勤が嫌な人も増えています。

対抗策としては、職務を身につけることになります。

 

いつかは仕事を選べる時期に当たります。その時に、何をしていたいか、職務内容を選ぶにしても具体的に何を求め続けるのか、考えて探してみましょう。

 

 

【編集後記】
学生さんの就職のお手伝いをしていると、荒削りな印象を受けます。それがいい場合もあれば悪い場合もあります。ただ、どこかに懐かしさを感じながら、袖振り合う時はちょっとしたアドバイスをするようにしてます。

【昨日のはじめて】
子どもと二人で昼下がりの公園

【子どもと昨日】
いわゆる公園デビューをしました。といっても、連れていっているお父さんは周りにおらず、お母さんがたばかりでしたが。子どもとまったり興味のある遊具を触りました。

今はすべり台が好きなようです。下から上に逆向きに登ろうとしてます。階段も登れるのでしょうが、そちらからはまだ向かいません。靴下を脱がせると行けるのですが、靴を履いたままでは滑ってしまいました。

周りのお兄さんお姉さんがしている遊びも見ながら、こうやって遊びを覚えていんだなと、陽気の下に一人感慨深くおりました。