21年6月25日公開の「それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国」を
見てきました。

 

2020年公開のものが延期されていて、製作委員会の年が2020となっています。

オリンピックを少し意識して作られているのかなと、感じるところがありました。
賛否や緊急対応で大変な方も多いかもしれませんが、
止まっている時計が動き出す感じを受けました。

*「それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国」のパンフレット

 

コロナ禍下での映画館

コロナ禍の映画館には、昨年も行きました。

緊急事態宣言が出ているときを外して、
人がいなさそうな時間を狙ってになります。

 

今回も、時間を外して行きましたので、
公開してすぐの映画だったのですが、
その会は他にお客さんがおらず
貸し切りの状態でみれました。

 

検温やアルコール消毒もしていましたし、
映画の冒頭には換気システムのお知らせも出ていました。

十分な対策をとったものとして
リラックスしてみることができました。

 

ストーリーとオリンピック意識

今回のアンパンマン映画の主役はドキンちゃんでした。

ほぼすべてのアンパンマンの映画を見ていますが、
なかなかよかったです。

 

冒頭の歌や踊りの部分では、
アンパンマン競技会場のようなコロシアム型の場所で
大勢の観客に囲まれながら運動会が始まります。

かけっこやらリレーやら。

なんとなくオリンピックを想像します。

 

たらればやら開催への賛否はありますが、
何もなければこれが放映されて開催ムードを
盛り上げる雰囲気作りができたのではないかなと。

 

特典

特典は、はちまきですね。

 

前回のアイスの国のバニラ姫のときは
マラカスがついていました。

 

はちまきは、ちょっと折るか、かぶっていかないとその後の
持ち運びに不便です。

折りたくない方は長めのものが入る
バッグがあるといいです。

 

止まった時計が動き出す感じ

オリンピックの前に作られたもので、
止まった時計が動き出す感じを見ていて受けました。

つらい時期など色々と個々人であるかもしれませんが、
他の国の状況やワクチンの動きなどを見ると
これから多くのことが動き出していく感じを受けます。

停滞していた雰囲気が気分を暗くしていたかもしれませんが、
晴れるときは、その分明るさをもっと感じるはずです。

動き出す感じを少しずつ探しても
気持ちが動いていいかもしれません。

気持ちがあまり浮かない方は
ちょっと意識してもらうとどうかなと。

 

【編集後記】
歯医者さんで定期検診。
健康でした。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
下の子のハイハイがうまくなってきました。
ちょっとずつ動くので、上の子が出しているおもちゃを
そっと近づいてガジガジしています。

気がつくと上の子もはがしてくれますが。