ロードバイクに憧れる人のための 通勤用に手頃な3万円のスポーツサイクル

Pocket

通勤用の自転車、ママチャリ以上のものを考えるとロードバイクがほしいくなります。
ただ、通常の値段も10万円前後もかかってきます。

消耗部品もあり維持費もかかります。
また、ロードバイクはカゴや荷台の制限があり、カバンを持って行くには向かないでしょう。

そんな場面では、ロードバイクの良さとママチャリの廉価堅牢性を合わせたようなシティサイクルが選択肢でしょう

値段の手頃さを念頭に置きながら比較した3種類を紹介します。

Triger Eight

*トリガーエイト

選択の目線として

価格が3万円くらい

価格が手頃なことが第一の選択基準です。
3万円前後くらいが想定。
ママチャリに毛の生えたような程度で購入できると嬉しいかなと。

カゴが大きい

男性でも女性でも、通勤を想定するとA4が入るカバンがしっかり入ることが条件でしょう。

カゴのサイズがしっかりしていることが二つ目の選択基準です。

見た目もいいが泥除けもある

見た目は気分的な問題ですが、ママチャリというよりもちょっとかっこいいものがいいかなと。

加えて、泥除け。
雨の日も乗る人が多いでしょうから、泥除けはなぐさみ程度ではなくしっかりとしたものがいいです。

プラスチックの簡便なものは、紫外線にやられて折れてしまいがちなので、できたら覆うものがいいですね。

CORTEZ(コルテス)、サカモトテクノ 

選択肢の一番目はサカモトテクノ のコルテスです。

価格は30,635円(税込)です。
カゴのサイズもしっかりしており、泥除けもママチャリと同様に覆ってくれています。

骨組み部分が地面と水平ではないので、女性でもサドルの高さを合わせれば乗れるでしょう。

ブラックとシルバーの2色展開です。
また、フレームはアルミ製です。

 
 

TRIGER EIGHT(トリガーエイト)、アサヒサイクル

こちらも手頃な価格で、32,173円(税込)。

カゴのサイズもしっかりしており、泥除けもしっかり。
色はブラックとホワイトです。

トリガーエイトの売りは3年間の盗難補償が付いていることです。
学生などで3年間しっかり保持しておきたい希望にバッチリ合います。

上記のサイトリンクからうまく行けない場合は、2社を調べてみて下さい。
 
 
また、盗難補償は最初の登録をした後、盗難後に初期の鍵のスペアキーをメーカーに提出する必要があります。
鍵を交換してしまうと補償の範囲外となります。ご注意ください。
こちらもフレームはアルミ製です。
 
 

マークローザ、ブリジストン

ブリジストンのスポーツバイクです。
同様に女性でも乗りやすくするために本体軸の高さも低いです。

値段は上記の二つよりもちょっと高めの41,686円(税込)となっております。
カゴはオプションとなります。

比較のために置いております。
ブリジストンの方が知名度があっていいという場合はこちらでどうでしょう。

カゴは別売りとなっています。サイズが入るかは要確認。

まとめとして

本格的なものとしては物足りないとしても、メンテナンスを定期的にできるか自分で考えましょう。

ロードバイクほどの良い自転車を買ったとして、あなたは本体を磨きますか?
磨くのであれば、その他のメンテナンスも上手にこなすかもしれません。
ちなみに今の自転車は磨いていますか?

また、今回はママチャリの延長ということ+値段が手頃ということを重視しています。
値段を出せばいいものはいくらでもあります。
よくいうフレームがスチールかアルミか。
アルミと一言で言ってもピンキリの値段と品質があります。
高いものは全体を本当にいいアルミであしらえております。

ただ、ちょっと通勤で数キロ走りますよ程度であれば、3万円くらいの予算でいい人も多いのでは。
「ちょっとこだわるけれどもそれほどはこだわらない」というところです。
別に悪いアルミを使っていると言いたいわけではありません。
価格と品質を上手に合わせているのです。

初期費用や維持の労力も考えつつ上手に選択してみてください。

【編集後記】
『コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道』がAMAZON Primeで無料になっていますね。
じきに続きも無料になるのでしょうか。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
子どもとテディベア

【昨日の子育日記】
テディベアを買いました。
なんの気なしにお店にあったので、渡してみると一目で気に入ってずっと抱いている状態です。

確かに肌触りもよかったので、気に入るのもわかります。

夜は、そのテディベアと一緒に寝るのかと思えば、寝床に連れて行ってその子を自分で寝かしつけてから寝ていました。。。