税理士 顧問・確定申告・単発相談受け付け中!

何も知らない前提から始める

文章を書くときにどこから書くか迷います。

知識がある人向けになると、初歩的なところをすっとばしたいと。
どこから書くかは迷うところです。

でも、何もわからない人向けを前提に書くようにしましょう。

目次

間口が広くなる

初心者向けに書けば間口が広くなります。

同じ職業についていても、細かく見れば専門性が異なります。
わかならいところ、頭に入っていないところが多く、専門家に見えても初心者に類するところがあります。

経験が異なる人に向く

経験に立脚した内容の場合、その経験をしているのか。
立場によって、同じ事柄があっても得られる経験が変わってきます。

それがいいかどうかはおいておいて、違いがあるのです。
その意味で、初心者向けに書けば経験がなくてもわかります。

過去の経験があるかどうかを確認するのは難しいので、初心者向けにしておけばとおります。

ホットな話題でないと思い出すきっかけになる

知っていたことと知っていることはちょっと違います。
微積分を昔わかっても、今すぐ解いてみるように言われれば難しいかもしれません。

「できた」ということと「できる」ということは違います。
思い出すのは早いかもしれませんが。

思い出すきっかけを多く出そうと考えれば、初心者向けに設定しておく方がいいです。

論理展開にのりやすくなる

一から説明してもらえば、手前でつまずくことが減ります。
論理展開に乗りやすくなれば、その先を理解してもらえます。

単品の情報ではなく、その背景も含めて伝えることで、相手の理解も深まります。
情報はあふれています。
でも、そのつながりまでちゃんと話してくれないこともあります。
別のものとつながっている場合もあります。
それらをちゃんと伝えるためにも、手前から、初心者向けと考えて説明していきましょう。

【編集後記】
アイウエ、いいですね。

【運動記録】
ストレッチ○ サプリ○ ジム○

【子育て日記(5歳・2歳)】
よく食べるので、元気です。
下の子が、上の子くらい食べます。
食べすぎてたまに心配になりますが。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑)

よかったらシェアください。
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次