ドメインの取得は、必ず迷うところです。

ドメインとは、www.ak-up.comの太字になっている
部分のことをいいます。

社名や屋号名と同様で、関連してわかりやすくしたいですね。
でも、納得した形で最初からドメインを取るのは難しいです。

会社や組織、活動のコンセプトができあがって
それからドメインに到達する、というパターンの方が多いです。

ドメインは、xxx@ak-up.comのように
メールアドレスにも入ってきます。

考えるほどに悩ましいのですが、
起業タイプ、副業タイプのどちらにおいても
まずは一度取得をしてしまうのがいいと考えます。

 

*ドメイン廃止の画面

 

納得ドメインにすぐ当たらない

納得するドメインをすぐに見つけられるかといえば、
かなり難しいです。

社名や起業するのであれば、
納得しようがしまいが一度決めてしまうと
変更するのが難しくなります。

それでも、どんな分野で会社や屋号をつくろうかと
考えて進めますので、ある程度の方向性は作れるかもしれません。
(その後、別の事業をしている場合は名前とのリンクが減りますが。)

 

一方、副業タイプは始めから事業の内容を決めて
しごとを始めない場合が多いでしょう。

そうすると、やっている内容からドメイン名を決める
という逆算してきれいに仕上げる方法が取りにくいです。

外れにくいのは、名前を使う方法です。
名前が根本的に変わらないと否定できないにせよ、
その可能性が少ないですね。

問題があるとすれば、名前を公にして活動が
できないタイプです。

この場合、ペンネームをドメインの元にすることもできます。
ただ、変えたくなる可能性もあります。

 

と、いろいろ考えるとドメインの取得が
しにくくなりますが、まず取得してしまうことを
ここではオススメします。

ドメインを持ったことがない人にとっては
大事に感じますが、ドメインはちゃちゃっと取れます。

一年間保有しても、1円のところやら
2000円程度で済んでしまうからです。

 

1年寝かせても費用は合う

仮に2000円かかったとしても、1年間ビジネスの名前を
保留できると考えれば、たいした費用ではありません。

いったん練りまくってドメインをつくってみるのです。

登録すると、お金を払いますし、
一皮むけたような気分になります。

個人的には、ドメインを初めて登録するまでは
かなり迷って動けなかったのに、
一度決めて登録してしまうと
「別のドメインもどうかな?」と
少し離れた目線でドメインを見ることができます。

1年間保有してみて、
「これはないな」
「手放してもいいな」と感じれば、
更新をしなければいいのです。

納得しないドメインを使い続けるリスクを考えれば
少し先行投資してドメインを取ってしまうのは
少額保険程度の費用ですね。

 

 

廃止するときは別の目線で考えられる

すぐに廃止するかを決めなくても
取得してから1年間、このドメインと寄り添っていけるか
じっくり考えればいいのです。

長く使うと愛着が湧いて、最初は気に入っていなかったが
馴染むということが考えられます。

また、馴染んでいない場合に、
廃止するときには別の目線で評価をして
「このまま使い続けるべきか?」の問いに改めて
答えられる場面を得ることができます。

 

これからは、個の時代で、
小さな意味ではせどりから労働の提供から
いろいろな副業にかかわる可能性があります。

しごとも中盤にさしかかって、どの職業の方でも
「独立したいな」と感じることもありえます。

差し迫って決めるよりも
余裕を持って想定して少しずつ決めていく方が
小さな納得を積み重ねてドメインを決められます。

気になった方は、ちょっと長い休みが取れる時期など
ぜひ、将来寄り添うドメインを考えていただけると
いいのが浮かぶかもしれません。

 

【編集後記】
毎日少しずつ続けるために、
予定をブレイクダウンできるように
最近特に意識してます。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
たまに夜に熱発するので、
小さい子がいると表から見えにくいですが
急に戦場になります。

早め早めに予定を済ませないとなと。