スポンサーリンク

また会いたい・運気を良くするために勢いのあるセミナー講師の方に会う

直接会って、温度感を伝えていただけるセミナーに参加するのが楽しいです。

会社参加するセミナーはハズレが多く、
自費で参加するセミナーにここのところハズレはありません。

特にセミナーは情報やらテクニックだけを
もらうものではないのかなと。
運気をもらいにいくものです。

気になった方のセミナーには
私費でもぜひ参加してみましょう。

chair

スポンサーリンク

また会いたい人の例で

「また会いたい人になる」関連の本をちょうど読みました。

その中で紹介しているまた会いたくなる人はこんな方々です。

・愛嬌のある人
・フットワーク軽く、アクションを早く
・イケメンと美人
・笑顔がいい人
・人は楽しそうな人
・相手の時間を大切にする
・運がいいことにする人
・相手の気持ちをくんでくれる人
・人の痛みが理解できる人
・褒め上手=相手をしっかり観察している
・誰にでも分け隔てない
・感謝の気持ちを続けられる

イケメンとかは難しいのですが、
他は気持ちの持ちようで気をつけられるところがある内容です。

人と会うとき
一回目は偶然、二回目は必然、三回目は縁を大切にするか
との記載も、参考になるところです。
 
この中では、「運がいいことにする人」のところが気に入りました。
メソメソしているような人には誰も寄って来ないですね。
なんでも運がいいと割り切れているような人がスッキリします。

そして、運を分けてもらうのもセミナーの目的だと感じました。

□サービスメニュー
個別コンサルティング
・履歴書・職務経歴書コンサル(検討中)
・大学院志望理由書・研究計画書コンサル(検討中)

 

勢いのある講師に、運気を分けてもらう

セミナーでは情報やらテクニックやらももちろん盛り込んでもらえるのですが、
さらに踏み込んで大切なのは、運気を分けてもらうことです。

人と人が会うこと自体が化学反応といいます。

セミナーを開くような方は、人と会う力強さ・勢いを持つ方。
そういった方から少し何かを分けてもらう→運気を分けてもらう
イメージです。

セミナー講師はお土産(即時実行できること)を渡す
ことが1つの課題ですが、運気を分けてもらえるだけでも
参加者は嬉しいものです。

運気は身近な人に少し渡してみよう

受け取った運気は、また誰かに渡してくなるものです。
セミナーの講師をすぐにできればいいのですが、
そういう人ばかりではないでしょう。

なので、まずは身近な人。家族やら仕事の仲間やらに
渡してみてもいいのではないでしょうか。

もう少し渡したければ初対面の人とかでも
いいかもしれません。

私はとりあえず、今日 階段でベビーカー降ろすのに
困っている子連れのお母さんに渡してきました。
お役立てるのは嬉しいものです。

 

【編集後記】
夏のボーナスが見えてきて、転職に良い時期ですね。
売り手市場気味ですし、応募者の方も少し活気付いてきています。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
ダブルエスプレッソ・ラテ

【昨日の子育日記】
起きている時間に帰ると、
喜んでくれたようでそのまま目がぱっちり。

そのまま、クレヨンでお絵かきして楽しんだ様子。
楽しく興奮したのか、その後もなかなか寝つきませんでした。。