タイミングが合う相性の良さ

うまくいくプロジェクトはタイミングやスケジューリングが合います。

採用でもスケジューリングがうまくいく候補者とはうまくいく場合が多いです。
企業側が素早い場合、候補者もうまくいくと感じやすいです。

タイミングを意識的にあわせることでうまくいく方向へ持っていけるといえます。
また、タイミングが合わないと、それはイマイチなプロジェクトと考えられます。

 

*当たる様子

 

目次

優先してくれているからタイミングが合う

タイミングが合うというのは、どこか相性の良さを感じさせます。
ドラマで、偶然に出会う・出会わない。
なぜか、主人公たちがたびたび出会う。
運命的なものを感じて仲良くなります。

採用時の候補者においても、タイミングが合いやすいのは重要です。
どちらかが気を使ってくれていることもあるので、合いやすいのでしょうか。

一方が、「私に合わせろ」と考えているとなかなかタイミングが合いません。

企業側から見れば、候補者にいくつも日程を渡しているのに日程が合わないということがあります。
これは、候補者の時間が合わないというだけでなく、候補者がその企業を優先していない現れです。

だから、タイミングが合わないのは、日程を合わせる以上の意味を持ちます。
うまく2者が合うかどうかということに直結するのです。

うまくいく感覚がお互い共有できる

また、どちらかかがタイミングを合わせているとしても、すんなりスケジュールが決まるというのはいいことです。
お互いのタイミングが合っている、うまくいっている感覚が出てきます。

ドラマと同じですね。

実際の相性はともかくとして、なんとなく合うというのは逆に相性がいいのかと勘違いさせてくれます。

勘違いであっても、相性がいい人と会えるのはお互いハッピーです。

基本だが、タイミングの大切さ

こういった感覚共有ができるため、うまくいきたければお互いのタイミングを大切にするべきでしょう。

何かしらのプロジェクトがある際、採用する際など、うまくいかせるにはある程度タイミングを早めてさっくりと合わせることが大切と改めて感じます。

注力しているものがあれば、全速力とは言わないまでも、テンポよくタイミングを合わせたいですね。

 

【編集後記】
ドラゴンクエストユアストーリーが有料ですが配信が複数で始まっていますね。
子どもと一緒に見てみようかなと考えています。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・1歳)】
そろそろ保育園ではクリスマスの飾り付けです。
子どもたちも、クリスマスの話題が出始めているようで、サンタさんにもらうおもちゃの話がちらほら出ているようでした。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次