Evernote Webの二段階認証をGoogle Authenticatorで実行する方法

Pocket

モバイルを持ち歩けない人がEvernote Webを使う場合、セキュリティが気になります。
万全は期しているものの、どこかでパスワードがもれてしまわないか。

そういう場合、二段階承認が便利です。
SMSショートメールの受信でもいいのですが、アプリを起動してワンタイムパスを入れる方が簡単です。

それでは見ていきましょう。

Evernoteの設定

まずはEvernote Webにログインしましょう。

Evernote は、大切なノートを整理するためのアプリです。自分が書いたメモなどを検索可能なデータとして、どこからでもアクセス可能にします。

ログインしたら設定を開きます。
そして、「2段階認証をクリックします。

2段階認証を進めていいか聞いてきますので、「進む」をしましょう。

毎回パスワードを聞かれることにどうするか聞いてきます。
「続ける」をクリックしましょう。

次に確認メールを受診しましょう。
「確認用Eメールを送信する」をクリックです。

メールが届きますので、こちらのパスワードを確認しましょう。

確認したパスワードを入力しましょう。

次に携帯電話の番号を登録しておきます。

テキストメッセージが携帯に送られてきます。
入力して続けましょう。

その後バックアップ用の電話番号をもう一つ聞かれます。
こちらは入力せずにスキップしても構いません。

次にAuthenticatorのダウンロード案内がきます。

Google Authenticatorの設定

Google Authenticatorをダウンロードします。

‎Google 認証システムを Google アカウントの 2 段階認証プロセスで使用して、ログイン時のセキュリティを強化できます。 2 段階認証プロセスでは、アカウントへのログイン時にパスワードと確認コードの両方が必要になります。このアプリでは確認コードを生成でき、一度設定すればネットワーク接続や携帯電話回線を利...

上記のリンクからが面倒な場合、「google authenticator」と入力するとすぐに出てきます。

インストール完了したら開いておきましょう。

次に、バーコードをスキャンします。
カメラのアクセスを聞かれたら「はい」にしておきましょう。

パソコン画面上にあるバーコードを続いて読み取りましょう。

出てきた画面で、「設定を開始」します。

Evernote2段階認証の最後

バックアップコードが出てきます。

万が一のときのためと、初期の認証に必要になりますので、印刷保管するか、どこかにメモをしておきましょう。

バックアップコードはすぐに一度聞かれます。
一度使っても、改めて使用可能です。

一度ログアウトされます。
が、これで完了です。

まとめとして

SMSが無料とはいえ、いつも受信するのはおっくうなもの。
そんな時に便利なのがAuthenticatorです。

スマホ画面のアプリを開く方が手間が少ないので、ぜひ2段階認証ではこの方法を使ってみてください。

【編集後記】
セキュリティを気にしすぎると身動きとれませんが、ある程度のセキュリティは余裕がある時に設定するといいですね。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
キットカット 桜日本酒

【昨日の子育日記】
麻婆豆腐を食べて、一口ごとに

「おいしい♡」と言っておりました。
よくわかっているようで、面白いものです。