税理士 顧問・確定申告・単発相談受け付け中!

ハードモードとイージーモード

ゲームをすれば、ハードモードとイージーモードがあるものが。
敵がとても強かったり、適当にやっていても点数が取れたり。

でも、現実なら、できる限りイージーモードを選ぶ法が良い。
成果が出やすい場所と出にくい場所というのが、このイメージに近いです。
特に、ブログやYouTube などネットを使った発信の場のイメージです。

目次

ゲームなら手応えのハードモード

ゲームをしていれば、イージーモードだと手応えがありません。

すぐさまハードモードにするとうまくいかないので、適度に慣らしてからハードモードに挑戦。
アクションゲームを例にして、慣れればその後もうまくなります。

難しさへ挑戦することがここで楽しみになります。
少し失敗してもゲームなので、困ることもなく、楽しんでできます。

楽しさを求めるなら、自分の力量とちょうどいいか、それよりちょっと上の設定で。
そうすることで、手応えを感じ、一層楽しむことができます。

現実なら、成果が出たほうが

一方、ブログやYouTube などなら、成果が出やすい方がいいです。

ゲームなら、イージーモードの方がプレイする割合が多く、ハードモードは限られた一部。
現実世界だと、逆転する感じです。
イージーモードの世界よりもハードモードの世界が多い感じで。

これは人によるのかもしれません。
うまくはまっていれば、現実でもイージーモードを選んでいる人がいて、成果が出やすい状態になっていると。

成果が出やすいところを探す、いくつか回る

うまくはまっていない人は、成果が出やすいところから攻めた方がいいです。
場所を変えて、いくつか回って自分にとってのイージーモードを探しましょう。

マーケットの見方は、成果に影響するので考え方だけ変えるてみるのもありかなと。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑)

よかったらシェアください。
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次