スポンサーリンク

1分でGoogle Analyticsのデータ保持期間を無期限にしよう

仕様の変更から2018年5月25日以降、設定変更をしないとGoogle Analyticsのデータ保持の期間が26ヶ月になります。

今までの過去データにアクセスできなくならないように、使用している方は設定変更をするようにしましょう。

 

Dotonbori

*難波の道頓堀で人の往来を眺める by iPhone X

 

スポンサーリンク

設定したい画面へ移動する

Google Analyticsにアクセス

まずはGoogle Analyticsの画面を開きましょう。

 

管理画面に移動する

ログインしたら左下にある、「管理」に進みましょう。

 

 

変更したい対象のプロパティへ

変更したい対象のブログの「プロパティ設定」をクリックします。

 

 

トラッキング情報→データ保持

「トラッキング情報」をクリックし、その中の「データ保持」をクリックするとようやく設定したい画面にたどり着きます。

 

 

□サービスメニュー

 

データ保持期間の変更

「データ保持」をクリックして出てきた画面には「ユーザーデータとイベントデータの保持」という項目があります。

この項目が26ヶ月がデフォルトとなっています。

 

 

 

「ユーザーデータとイベントデータの保持」の項目を「自動的に期限切れにならない」に変更して「保存」を押しましょう。

 

設定は1分で完了できる

保存期間変更は1分程度あれば完了できます。設定変更はついつい後回しになりがちなので、必要な方は記事を目にした瞬間に変更をしていきましょう。

 

【編集後記】
春の入れ替えの季節。必要な収納用品を無印良品で追加しようとすると、品切ればかりで入荷時期不明でした。春はやはり用品を入れ替えていく時期なのですね。

【昨日のはじめて】
複数社合同説明会でのトラブル対応

【子どもと昨日】
広めのクッションマットを敷きました。柔らかさもあってその場所を気に入って遊んでます。取り替えられるマットがないと、床を傷つけることもありますし、ものをガンガンぶつけることもあるので、いい感じです。

天然材の方が学びになるかな、といういらない不安をよそに、このマットスペースはいい遊び場になりそうです。

ブログ継続
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)