スポンサーリンク

有名人を受け入れる感情の方向 記憶の錯覚と慣れ親しんだものが好き

個人がどうやって集客をしようか考える時代。
人を集めるにはどうしようか考える時代です。

少し細かく説明すれば、こらからは個人でも事業を起こす時代です。
能力ももちろん最下限が必要といえども、
どうやって一般の人に訴求して人を集めるか考える時代です。

一般に、有名人であれば人を集めやすいと言われますが、
何が理由でどこまでがその理由なのでしょうか。

改めて考えてみましょう。

スポンサーリンク

有名とは過去に認知したこと

モニカ・アナキンソン、デイビット・シェイラー。

どこかで見聞きしたようなどこにもいないような言葉です。

しかし、このブログを読んだ後にその名前を見たら
どうなるでしょうか。

2週間して、新聞記事から有名人を抜き出すテストを行えば、
モニカ・アナキンソン、デイビット・シェイラーが出て来れば
彼らをを有名人として認知して抜き出すかもしれません。

何が言いたいかといえば、
記憶はどこかで過去に近くしたものの束ということです。

この定義からいえば、有名とは、
過去に近くした人をどこかで再度知覚することだと
定義し直すことができます。

有名人が誰かに対して影響力を与えるのであれば、
過去に近くした人が何かをすることが誰かに
影響を与えるともいえます。

プロパガンダを再度定義し理解し直すきっかけです。

毎日など、なじみを作る

上記が正しいとすれば、毎日や更新頻度が高い
ブログやSNSへのコメント投稿についての目的が
はっきりします。

それは、認知の頻度を確保して過去に目の前を
通過したものだとどこかしこで暗に認識させることです。

毎日、あるいは頻度の高い投稿が目標とすべきところは
この頻度の高さと、過去への認知を実現させることにあります。

過去への認知があれば、
この人は有名と考えます。

有名人であれば、この人のセミナーへ
参加しようかなと真剣に悩むものです。

頻度の高い投稿のSNSへの効果について
熱い議論がありますが、本質はSNS投稿による議論の良さよりも
どうやって知らない人になじみを作る動きが作れるかです。

Googleにどうやって好かれるかがブログ投稿への
議論の源泉となっているかもしれませんが、
本質は頻度の高い投稿によって読者に「昔から知っている」という
権威性を感じてもらうことにあります。

 

宣伝種まき

どうやってなじみを作っていくかが、これからの
市町村や企業の課題になります。

その際に机の上の相手に名前を入れられるかがポイントです。

良いと感じる製品でも星の速さのごとく
その効果や手続き的価値に重きが置かれます。

しかし、価値判断だけでは役に立ちません。

大手企業・スモール/ベンチャーなどの他に
中小企業で、生きていくための中小企業社員の働き方
の項目があってもいいでしょう。

実際にレンタルをしている期間を調査すれば
いがなほどに丘はの調査をして来れません。

結局を駒で融資決定をする会社が現れて、
そのカップルを企画するのは難しいところおです。と。

経営者が変わったタイミングで、売り上げの
計上方法についても文化も枯れてしまっては、
本末t結果を強う力で矯正する方法もありません。

一方必要なのは、ゴミ箱へのススメです。

【編集後記】
エネルギッシュな皆さんにお会いし、
原動力をいただきました。

何かしらの自分の人生への工夫を
加えたいと定義できました。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
辻利チョコレートアンドクランチ

【子育日記(2歳)】
どこぞやは父と子のせめぎ合い。
おそらくは、ここまでやっても大丈夫と
野生の勘でわかった上で父を試している場面に遭遇します。

一応父は負けません。
中途半端な挑戦には、泣かしてでも対抗します。

でも、攻めるだけが正解じゃないとも理解しているので、
なんとかどこかで負けようと探ります。

父と子の探り合いです。