Excelには画像の設置だけでなく、
その画像から文字を読み込んでデータに変換する機能がついています。

他の人が作成した知財を侵害するのはいけませんが、
データの加工において、画像から文字化して
かつ、表にする方法はとても便利です。

 

*ぽちぽち打つイメージで

 

画像データ選択

まずは、Excelで[挿入]>[画像からのデータ]を選択しましょう。

 

続いて[ファイルからの画像]をクリックします。

 

今回は、雇用調整助成金のこちらの画像を選んでみました。

 

選択をすると、画像からのデータを分析し始めます。

 

これで画像選択は終了です。

 

文字データの確認

選択が完了すると、今度はテキストデータが合っているかの確認を求められます。

 

 

そのまま挿入することもできますが、[確認]をクリックすれば、
不確定要素の確認をすることができます。

 

例えば、こちら。
文字の確認で、「中小企業」が入っていますね。

 

確認なので、なにもないところも指示を求められます。
空欄なので、ここはそのまま送ります。

 

ちょっと複雑でもしっかりと読み取ってくれていますね。

 

スクリーンショットであれば、概ね文字を読み取るようです。

 

すべて確認してから挿入することもできますし、
そのまま「確認」をクリックすれば、挿入することもできます。

 

 

実際にExcelに入れ込んだのはこちらのデータ内容になります。
表の形のままほしい場合と、Excelにてテキストが入った内容としてだけ
ほしい場合とで、表での形式がずれていても気にならない場合があります。

 

この辺りは、用途と好みになるでしょうか。

 

まとめとして

表の形でほしい場合に使えるやり方です。

ただ、それだけでなく入力作業を減らすのにも便利です。

入力作業はできる限りなくすことが
間違いを減らすことにつながるからです。

右クリックなどを避けようと選択できないHTMLがあったり
わざわざ画像データで送ってきたりする方もいます。
そういうデータも変換する際にも
この方法は役立ちます。

データ入力が度々ある方など、
気になったら使ってみてください。

 

【編集後記】
ヤッターモグラも存在するんですね。
最近知りました。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
夏暑いのか、のどごしがいいものがいいですね。
お中元でリーズナブルになっているそうめんを一緒に食べました。

めんつゆを自分で入れるのが面白いみたいで、
フタを開ける所作から、注ぎ終えて締めるところまで
何か決まりごとがあるみたいです。