スポンサーリンク

インコタームズ®2020のEXW(Ex Works)[工場渡]の紹介

インコタームズ®2020が発表になりましたので、
改めてインコタームズ®2020のEXW(Ex Works)を
まとめてみます。

exw条件

 

スポンサーリンク

EXW(Ex Works)[工場渡し]とは

EXWはEx Worksのことで、
日本でやり取りする際はエクスワークスと呼びます。

英文での表記上はこうなります。

EXW E-factory Incoterms 2020
こちらで上海向けのEXWの取引になるとわかり、
費用負担とリスクはE-factoryという工場を起点に
分かれると理解できます。

赤が売手の負担。青が買手の負担です。

exw

場所の明記とコスト負担

上記の例の場合E-factoryを省略している場合も
散見されます。その場合は、売手側にどこの場所に
行くかを別途尋ねていることでしょう。

E-factoryは売手の所有工場である場合と
売手の協力工場など所有物でない場合とがあります。

売手側には通関の義務がありません。

また、日本でいう車上渡しではありません。

EXWで表記するのはその場所で引き渡すということだけ。
買手が用意した運搬車などに貨物を載せる義務はないのです。

(ただ、実際は載せてあげる場合もあります。その場合もどちらがするか事前に負担を決めておくべきです。後々もめないためです。)

 

EXWは海上輸送でも航空輸送でも使える

EXWは買手が引き受けた後の輸送方法として
海上輸送でも航空輸送でも使えます。

陸続きの国々では鉄道輸送や車で国をまたぐ場合も
あるでしょう。これらでも使えます。

リスク移転場所の明記は買手にとって大切

EXW E-factoryでいう、E-factoryは移転場所です。

移転場所においた時点でリスクが移転します。

この場所で費用負担とリスクが売手から買手に移転するため、
明確にしておかなければ後々もめる場合があります。

明示していない場合は、売手が選んだ場所となります。

売手にとっては大切ではありませんが、
買手にとってはこの場所を明示しておくことが大切です。

積載を売手がした場合に、破損したら責任はどちらにあるか

当初の話に戻りますが、
移転場所においた時点でリスクが移転します。

よって、売手が好意で積載をしてくれた際に
破損したとしても、破損の責任は買手にあります。

インコタームズに準拠して取引をして
そのまま契約書に取引条件を記載することが
ほとんどでしょう。

もし、積込みの際に問題が起こったら
買手側は売手に責任が問えないことを理解しておきましょう。

 

E-factoryが売手の工場であれば、安全上の理由などから
当然売手が積載作業をするでしょう。

それでも、買手は売手に破損の責任を問えません。

もしこれを回避したい場合にはFCAを使用しましょう。

通関義務

通関の義務は当然ながら、買手にあります。
また、売手の国内で引き渡すことが前提にあるインコタームズ®です。

 

【編集後記】
貿易関連に慣れていない方でも参考になったら嬉しいです。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
リッチパンプキン

【子育日記(2歳)】
お釜で炊いたご飯を食べに行きました。

思いの外美味しかったようで、たくさん食べてくれました。