提案が通るかは、改めてタイミングによることが大きいです。

内容の質を上げる、言い方を変えるなど、対応すべきところはあるでしょう。
でも、そればかりではなく、決定者側が「今」やりたいかどうかという点も大きく関わってきます。

提案の頻度を増やすことも大切です。
また、Webであれば見てもらう機会を増やすことが大切でしょう。

*時計で測るタイミング

提案をしていたことを他の人が通した

日々、必要な事項の提案を行います。
お金から人から、必要なことは提案を一式行います。

その中で、いらないと言われれば、どうしても次の提案は先になります。

「今はいらない」とか、「時間が経ってもいらない」と判断し、継続的な提案は否定をされていない部分だけにします。

と考えていると、外部から別の人が同じ分野の提案をし、かっさらっていきました。

何が違うか

提案力に差があったのかもしれませんが、内部的な質よりも、決定者の考えに依って採用をされたと考えます。

一番の要因は、「決定権がある人がその問題への取り組みをやりたくなった」ということです。

おそらく過去にそういった提案をされたことなど覚えていないでしょう。
こちらから提案をして否定しているのにもかかわらず、他を受け入れる。
否定される感覚が当然にあるが、決定者にとってはそういうつもりも全く無いでしょう。

自らタイミングを狙って提案をする必要が出てきます。

タイミングへの嗅覚のため、見てもらう機会を増やす

タイミングをはかる他に、見てもらう機会を増やす必要性を感じるでしょう。

例えば、未解決の事項について一覧にしておく。
タイミングをみて、その一覧を共有しておくなど、身近なところであれば別のやりようもあります。

Webであれば、サービス内容のメニューを長期にさらしておくということができます。

タイミングをはからなくても、いつでも見られる状況にしておけば、選んでもらえる可能性が出てくるからです。
提案を通しやすくするために、見てもらう機会を増やしましょう。

そのために、ブログやホームページなどで、受けたい内容について、常々アクセスできる状態にしておきたいものです。

【編集後記】
自作のテーマの作成中。
方針をまとめるまで、ちょっと迷います。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・1歳)】
12月はいちごの季節ですね。
さっそく買ってくると、ふたりともパクパク食べていました。