家からでもOK。開業freeeで開業届の提出をする方法

開業freeeから開業届けは、パソコンから出すことができます。
また、パソコンから電子申請することが苦手でも、印刷して郵送する下地もつくれます。

ふれこみのように5分では終わりませんが、勤め先を休まずともスマホから夜中にでも申請可能です。
あるいは、申請書をつくってしまえば、郵送するだけということも可能です。

ステップイメージはこんな感じ。

STEP
freeeへ登録をする

まずは登録。
なお、簡単に開業届を出すことの対価として開業届完成後にfreee関連製品の紹介を受けます。

STEP
開業する事業などの内容を画面に打ち込む

打ち込むだけなので、簡単に作成できます。

STEP
できあがった申請書を税務署へ

電子申請しても、郵送してもいいです。

順を追って説明をしていきます。

目次

まずはfreeeへの登録

まずはfreee開業のページにアクセスをしましょう。

アクセスするとこちらの画面になります。

「開業書類を作る」をクリックして進みましょう。

メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

開業届を作成する

ここまできたら、開業届を作成していきましょう。
パソコンからでもスマホからでも作成が可能です。

といっても、上から届けに必要な項目を入力していくだけです。

入力を完了すると、このようにチェックマークがつきます。

全体にチェックが付いたら、申請をすることができます。
「次へ」で進みましょう。

開業届を税務署へ電送または送付する

提出での確認

書類の提出先を選ぶ画面になります。

スマホで申請する場合は「スマホで電子申請」にチェックを入れておきます。

パソコンの場合は「PCで電子申請」を選びます。

また、「書類の確認をする」をクリックすれば、提出書類の一式が確認可能です。


郵送で処理することもできます。

郵送の場合は、印刷をして、最初のページにある宛先+差出人に送りましょう。
また、記入箇所も下記のとおり書いてあります。

電子申請の準備

電子申請をする際には、アプリやソフトのインストールが必要です。
こちらは、スマホからの場合の必要アプリ「freee電子申告」です。

今回はパソコンで進めています。
「クライアントソフト」と「freeeの電子申告アプリ」をインストールしましょう。

クライアントインストール

クライアントソフトのインストールをクリックすると、こちらのページにいきます。

「利用者クライアントソフトのダウンロード」を進めましょう。

今回はWindows版で進めています。

ダウンロードされた「setup.exe」をインストールして完了です。

次にfreee電子申告アプリをダウンロードしてインストールです。

インストールはすぐに完了します。

電子申告開始ナビ

ここまでできたら、申告の下準備をします。
「freee電子申告開始ナビ」をクリックしましょう。

こちらの画面に遷移します。

利用者識別番号を入力しましょう。
持っていない方は取得が必要です。

freeeにログインするように出てきます。

電子申告の画面を開きます。

ここで、マイナンバーカードと利用者識別番号を取得した際のパスワードを入れましょう。

次にマイナンバーカードのパスワードを入力します。

これで電子証明書の送信が完了しました。


送信結果を確認します。
e-Taxのパスワードを入れましょう。

このように登録結果を確認できます。

開業届の電子申請をする

ここまでできたら、開業届を提出します。

マイナンバーと利用者識別番号を入れます。

これで、「提出(電子申告アプリを起動)」をクリックします。

freeeへログインを促されます。

署名は、今回マイナンバーカードで行っています。

マイナンバーカードのパスワードを聞かれますので、入れておきましょう。

ここまでくれば開業届の提出が完了です。
簡単ですね。

ちゃんと申請できているか、「受付結果の確認」をします。

また、同じようにマイナンバーと利用者識別番号を入力しましょう。

このように出てくれば、ちゃんと申請ができています。

開業届の原本やコピーの提出が必要な場合の対処

開業届の原本やコピーを今後提出する場面が出てくるかもしれません。
そのときは、今回PDFで取得した開業届と、e-Taxの受信画面を使います。

こちらが参考です。

e-TaxはWEB版で送信結果が見れます。

ログインしたら「送信結果・お知らせ」をクリックです。

ちょっとわかりずらいですが、「操作に進む」というのが、お知らせを見るための移動先です。

電子証明書を選択します。

こちらはICカードリーダライタで読み取りの場合です。

証明が終われば、メッセージボックス一覧が見れます。
ダブルクリックして、その画面を開きましょう。

必要な箇所をPDFで保存し、提出を求められたら印刷できるようにしておきましょう。

これで、完了です。

おつかれさまでした。

【編集後記】
そろそろ春休みの学生さんが減ってきました。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・1歳)】
「はじめてのおつかい」を上の子と見ていたら、感化されたようです。

おつかいいきたい!

と言われました。
田舎で撮影していることが多く、ちょっと危ない気がします。
どこか安全なところを見つけて、対処しようかなと。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる