データソフトも増えて圧縮をする機会は
減るかもしれませんが、
圧縮したデータを受け取る機会はそこそこあります。

たまに解凍ができないデータがあると
気になります。

Macであれば、こういうときは
The Unarchiver が使い勝手がいいです。

もとにあったファイルを削除してくれる
機能もあるので、パソコンの一時置き場を
荒らさずに解凍ができます。

 

インストール

The UnarchiverをApp Storeからダウンロードします。
こちらのURLからダウンロードへ移動できます

このページに移動したら、

 

インストールをクリックしましょう。

一定時間経てば、インストールが完了します。
早速開きます。

 

圧縮ファイルの作成例

使い勝手を試すために、Macで
圧縮ファイルを作成してみます。

ファイルを選んだら、
右クリックをします。

そこで[圧縮]を選びましょう。

これで圧縮されたファイルが完成します。
解凍処理の確認に使います。

 

解凍時の削除処理

The Unarchiver を起動してみましょう。

起動後に[展開]を選びます。

そこで[アーカイブファイルをゴミ箱に入れる] という選択肢があります。

ここをチェックしておけば、
解凍処理をしたファイルを後から
ゴミ箱に入れる必要がなくなります。

好みに合わせて設定をしておきましょう。

 

デフォルトで使用した圧縮形式に対しては
[アーカイブ形式]で追加ができます。
初期値はlha, lza, zipx, sit, sitx辺りになっています。
もし、zipを追加した場合はこちらから可能です。

スパムなどもあり、あまり追加したくないかもしれませんが。

ちなみに、Zipを追加すると
デフォルトのAppを選択することを促されます。

 

解凍について

解凍したい対象のフォルダを右クリックします。

 

開くアプリケーションを聞かれますので、
[このアプリケーションで開く]>[The Unarchiver.app]を
選びましょう。

解凍場所を聞かれます。
とりあえず、デスクトップに解凍を
今回はします。

 

展開後は、このように
中身の確認ができました。

また、元のファイルは削除されました。

 

Macで解凍ソフトを選ぶ際には、
選択肢にしてみてください。

 

【編集後記】
できること、目の前のことを
ひとつひとつやることが大切ですね。

一足飛びにしたくなりますが、
ぐっとこらえて日々がんばります。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
ハイハイが早くなってきました。
目を離してしまうと段差から落ちそうになるので、
ちゃんと確認しています。