税理士 顧問・確定申告・単発相談受け付け中!

MacもWindowsもどちらもOK派

MacもWindowsもどちらも使っています。
使い勝手は違いますし、一方のやりやすさもあるのですが、データ本体が大切という立場に立っています。

目次

タイプしやすさ

MacもWindowsも使うのですが、単純なタイプのしやすさは、Macというのは、実感します。
Macを使い始めた多くの方もそうなのではないでしょうか。

変換の最初のクセや、配置の慣れはあるかもしれません。
それでも、手首の負担やうちやすさの感じはMacですね。

Windowsであっても、それなりにこだわったキーボードを購入すれば、この差が埋まるのかもしれません。
最初に付属するもの標準で比較すれば、Macの方が打ちやすいです。

専用ソフト

できる限りMacでもWindowsでもOKなものを選ぶようにしています。
インストール型であったり、Windows専用であるケースもビジネスだとあるので、その場合はWindowsに。

顧客の状態をシミュレートする場合も、Windowsを使っている場合が多いので、Windowsが役に立ちます。

ただ、MacでもWindowsでもどちらでも使える場合、手元のMacを使ってWindowsのパソコンのシミュレートをしてあげる場合もあります。

同じであれば、マシンが異なっても問題がないかと。
もっといえば、手元がタブレットで、顧客のパソコンを触ってあげるなんてこともしています。
どちらでもOKというのは、ここでも出ています。

特定依存がイヤ

どちらかに依存すると選択肢がなくなります。
選択肢がないことがどこまで負担になるかはありますが、特定依存を避けるようにしています。

その意味では、MacとWindowsどちらもOKというよりは、どちらも使わないといけないのかもしれません。

ファイル本体が大切

もう一つ考えているのは、ファイル本体が大切、情報自体が大切、です。

動かすマシン自体は、側で、その先にあるつくったファイルを見ているフシがあります。
その意味で、マシンには、こだわりつつ、こだわらないような感じになっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑)

よかったらシェアください。
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次