スポンサーリンク

Mac機とWindows機の比較で、今はWindows機がよいと考える点

Macの日本語変換ソフトの使いにくさにいまさらながら
対策を始めております、Goolge 日本語入力を追加しました。

MacもWindowsも使っていますが、
たぶん次回はWindowsを買う可能性が高いです。

最近そう考える理由をまとめてみます。

pc windows and mac

スポンサーリンク

iPadの母艦の必要性が減った

MacBookを導入したときの一つの動機として
iPadの母艦の役割がありました。

Windowsマシンだと同期がいまいち遅く、
iPadをよく使っていたので改善するための
2016年のMacBookの導入でした。

当時よりもクラウドサービスが増えていて
必要なソフトを絞ってそのサービスごとに
クラウドにしているため、iPadへ直接
保存する必要性が減っています。

写真もクラウド保存している人が多いでしょうし、
最大保存容量で購入しているiPadの保存領域も
比較的余っています。

母艦という考え方が過去のものになっているので、
MacBookが絶対に必要とまでは感じなくなりました。

起動の速さはいいので、SSDタイプにしたいですが。

Macの日本語変換の悪さ

Macでの日本語変換がいまいちなのは
よく知られたことです。

なんとなく使いにくいという程度で
対策を実行していなかったのですが、
持っている別のパソコンと同じくGoogle日本語変換を
やっと入れました。

変換ボタンを押さなくても、勝手に変換を
してくれるMacの日本語入力は早いとも言えましたが、
何にもならないような変換も結果は多かったので
使いこなせなかったといえます。

通常変換であれば、Windowsの方が
悪さをすることが少ないです。

Appleがどこか投資するなら日本語変換ソフトを
買ってもらえると助かります。

周りとの互換性の低さとParallelsのメモリ消費

ファイルのやり取りが減っているのですが、
特定のファイルのやり取りをする場合には
Windowsマシンを持っている方が無駄な
仕事が減ります。

その手間をかけても使う価値があると
考えるかがMacを使うかWindowsを使うかの
一つの分かれ目といえるかもしれません。

もう一つ気になるのは、Parallelsのメモリと電力消費です。
立ち上げのプログラムが多くなること自体が目に障りますし、
Windowsマシンでやりきったほうが素直だなと
使い続けて感じるところです。

プログラミングとデザインをどう考えるか

当初に購入した別の理由、
プログラミングとデザインを習得する意味で
まだMacの方がいいのかなと感じるところが
ありますが、全体方向としてMacとの差がなくなって
いると感じています。

別途必要であれば、2種類持ちにしますが、
今すぐマシンを買い直せと言われればWindows機の方が
私の仕事に合うのが結論です。

判断に到れるように、プログラミングと
デザインについてもう少し深めていきたいです。

【編集後記】
新年になりましたが、変わらず
完璧でなくてもできることを少しずつ
続けていってみます。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
アンパンマンミュージアム 名古屋

【子育日記(2歳)】
アンパンマンと遊んできたらと言ったのですが、
ちょっと照れくさいようです。ニコッとして
すぐには近づきませんでした。

それでも、キャラクターとコミュニケーションをとって楽しかったようです。