スポンサーリンク

顔バレしないアイコン作りでブログ客観的評価 やる気につなげよう

ブログを始めるときに迷うのはアイコンをどうするかです。
誰がそのブログを書いたかをはっきりさせて信用度をあげたいもの。
EATなどのGoogleの基準もあります。
それを考えれば、誰が書いたかを覚えてもらいやすくしたいもの。

写真では横顔や後ろ姿を撮るという方法があります。
また、イラストにしてもらうという手もあります。

今回は「アイコンにイラストを書いてもらった話」と「その中でブログを客観的に評価してもらうとモチベーション上がって参考になりますよ」というです。

 

icon

 

スポンサーリンク

アイコンをCoconalaのzoe。さんにお願いしてみた

仕事をしている人は、顔バレしない程度でのアイコン作りを考えるでしょう。

今は、アイコン作りをしてくれる方をネット上でたくさん探すことができます。
好みのテイストだったり雰囲気だったりで探してみましょう。
ココナラが比較的探しやすいです。

ココナラ - みんなの得意を売り買い スキルのフリーマーケット
ココナラは「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケットです。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで何でも売り買いできます。

その中で、今回お願いしたのはzoe。さん(ココナラページ)
他の方のブログでもたくさん紹介してもらっており、やり取りのスムーズさが伺えます。

zoe。さんのブログ

 

●あいあいさん「ココナラでブログ用アイコンを依頼!アイコンができあがるまでの内容を紹介します。」

●初めてのアイコンをココナラで依頼!スピーディーで丁寧な対応に頭が下がる上にアイコンも大満足で超オススメしたい!!

●なぐさん「アイコンイラストを依頼するならココナラがおすすめ!」

●てっちさん「ココナラで似顔絵アイコンを12個作った!!プロに頼めば早くて簡単【ブログやSNSで使おう】」

●かっぱさん「ココナラでブログのアイコンを依頼したら出来上がりが凄すぎた。」

●チキさん「ココナラでオリジナルアイコンお願いしてみた!お得情報も紹介」

子育て中なのですが、受注も復帰されたようで、タイミングも良かったです。

 

登録すると300円もらえる招待コードはこちらです。
qpxh4b

割引ちょっとほしい人は使ってください。

□サービスメニュー
個別コンサルティング
・履歴書・職務経歴書コンサル(検討中)
・大学院志望理由書・研究計画書コンサル(検討中)

 

ブログを客観視してもらう

アイコン作りは上記ブログに内容を譲るとして、ブログを客観視できるのが1つのいいところです。

ブログを書いている中で、自分なりのテーマであったり方向性であったりを持っているはず。
そのテーマや方向性がどれくらい初見の方に伝わるのか、ぜひ見てもらいましょう。

今回、私がイメージを明確に持てなかったので、zoe。さんにどうしたらいいのか、最初のメールで聞いてみました。

そうすると即座に次のような返答をいただきました。

私の中では(このブログのテーマは)
税理士、処方箋、人との繋がり(マーケティング)
かな、と感じました。

意識していたところもありますが、初見の方にそのように伝わるということを再認識できました。
また、さっとこういうことをお答えできるのはさすが、イラストを描かれている方だけあるなと感心しました。

こちらももう少しイメージを考えた上で、要望を伝えつつ今のアイコンまで仕上げてもらうようすぐに進めていただきます。
イメージのやり取りを余計にさせていただいたのですが、それでも問い合わせから6日で完成品をいただきました。

簡単に伝わるような工夫をしよう

アイコンは簡単に伝わる1つの工夫だと考えております。
もちろん、アイコンの効果はまだ分かりませんが。

ただ、変更してすぐにtwitterのインプレッションは上がりましたので、少しプラスの影響を出せたかなとは感じます。

複雑なことをできる限りシンプルに伝えることが求められるネットの時代です。
服を着替えるくらいの気持ちで好きなアイコンを用意してみてもいいかもしれません。

ブログ書きの気持ちの切り替えに、ぜひどうぞ。

【編集後記】
教授と修論の打ち合わせです。
すでに書いていたテーマは悪くないようなのですが、先行研究や判例が少なそうとのこと。
なので別の分野をもう一度考えるつもりです。

【運動記録】
ジョギングX ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
もち麦どら焼き

【昨日の子育日記】
服屋さんであっちこっちを探索。
服がたくさんあって手触りもいいので、少しさわさわしてジャンプしながらこちらへ戻るの繰り返し。

商品に害がないように気をつけながら。
まだ許される年齢かなと。