ネットワーク図を書くときに何で書くかは迷うところです。

Excelで書くというのが一つの選択肢でしょう。

オフィスはどこでもインストールされている場合が多いので。

ただ、別の選択肢としては、Cacooがあります。

Cacooはデザインカンプなどをつくる際によく使われますが、ひな形も多いです。
ひな形を使いたいなら、こちらもありです。

Cacooの登録

Cacooを使う場合には、まずはIDを登録します。

登録ページにアクセスします。

[無料トライアル]が出ていますので、こちらをクリックしましょう。

 

料金が出ていますが、無料で試すことができます。

14日間無料となっています。
つくる数の制限を守れば、無料でも使い続けられます。

数は6個までです。

登録が終わると、作成画面に移れます。

 

ネットワーク図のひな形

ログインした画面で、[新しい図を作成]をクリックすれば、図が追加されます。

 

画面の左側に[テンプレート]を選ぶところがあります。
ここをクリックしましょう。

選択画面の右上に、文字を打ち込む枠があります。
こちらに[ネットワーク]と入れます。

一覧出でてくるので、[コンピューターネットワーク図]を選んで[選択]をクリックします。

 

こちらの図が挿入されます。

ルーターのIPであったり、複合機のIPであったり。
必要な部分だけを使いましょう。

不要なところはばしばし消していければ使いやすいはずです。

ラフに書ける

Cacooのネットワーク図を使えば、下書きがある状態から始められます。
ネットワーク図には、独創性は求められません。

ある程度わかりやすければいいものです。

下書きから起こした方が、全体を仕上げるスピードはあがります。

また、Cacooにアクセスできればどこからでも更新が可能です。
機器が追加されたら、何かしら追加をしておく必要が出てきます。

最新のものでなければ意味がありませんので。

 

その他の設定も載せることが可能です。
上手に情報を付け加えて、使いやすい図を育てていきましょう。

図ができてくると、外部とのファイヤーウォールであったり、ぜい弱な部分も見えやすいです。
ネットワーク管理の下地としてとても有用です。

Excelでつくることももちろんできます。
でも雛形を利用したり、矢印をくっつけたりができるCacooも便利です。

ネットワーク図をつくるときの選択肢に使ってみてください。