スポンサーリンク
理論・実践ワークショップ

これからワークショップを学ぶ人が意義から学びの方法を考える

ワークショップを学びたい人が増えています。まちづくり、企業の新しいアイディア作り。演劇ワークショップのような技術の修練の場だけでなく、いろいろな人に見直されています。 しかし、初めての人にとって、ワークショップを開催するのは人前で歌を歌う...
ビジネスx哲学

空中戦は地上戦へ持ち込む|データに基づかない議論やワークショップ

会社の会議やまちづくりのワークショップでも話したいことを話し続ける人がいます。目の前にある事実と内容が異なっていてもこの人たちは話し続けます。 結局、議論は噛み合いません。話し続けたいことだけが続くからです。 この場合は、事実に基づいて...
家づくり

旗竿地は価値がない?7割に嫌われる理由と固定資産税評価額・通風・採光

旗竿地は買いに値する土地なのでしょうか。不動産屋さんに聞けばおおよそやめておけと言われるでしょう。建築士に聞けば、良いとも言われます。一般の人に聞けば、10人中7人くらいはダメというでしょう。 この差はなんでしょうか。価格は安いので性質を...
家づくり

イオン銀行と賃貸併用住宅|店舗型の良さで相談しやすい

賃貸併用住宅のローンをおこなってくれる銀行選び。イオン銀行も一つの候補です。よかった点を改めて考えてみましょう。 店舗型の良さ イオン銀行で賃貸併用住宅をすることの一番の利点は店舗型ということです。 いかにネット銀行の...
キャリア探し

サラリーマンが転職マーケットにつながっていないことの弱さ

サラリーマンの弱さは転職マーケットに直接つながっていないことでしょう。厳密には、つながっている人が少ないことです。いい技術を持っていてもそれを売り込む術がない。そこが問題です。 実績を出せる範囲でブログに書くなど、発していくことが対策にな...
中小企業の採用

新卒の総合職採用とはどういう意図?と思ったときに読む話

新卒採用において、未だに総合職採用というものを目にします。なぜでしょうか。総合職に応募する人は営業でも財務でも人事でもなんでもできるというわけではないのに、なぜ仕事内容が決まっていないのでしょうか。 制度的に良い面もあれば、企業側が総合職...
ビジネスx哲学

大企業病とサインと印鑑一つの取得に3ヶ月かかった話

電子化が叫ばればかなりが経ちますが、大手の企業でサインと印鑑の取得に3ヶ月かかりました。 「印鑑なんてナンセンス」という話も出るかもしれません。今回の件は、海外の政府系に申請を出す書類のため、書類形式で内容をそろえる前提がありました。 ...
中小企業の採用

乾けない世代と新卒学生趣向の変化、5つの幸せの中の達成よりも人間関係

悟り時代のように新卒学生のガツガツさが少なくなっている話が出てきます。 60代の役員らから見れば、そのように物足りないものも出てきます。そしてニュースのように今年も新卒採用が始まります。 「ガツガツさがない」「悟り世代」といった...
子育てと学び

ベビーサイン5ヶ月目の成果と子どもとのコミュニケーション

ベビーサインを始めて5ヶ月くらい経ちました。一緒にやっている子どもさんは1歳を過ぎてから始めている人も多く、1歳未満よりもサインが出ているようです。だからと言ってベビーサインは1歳未満から始めても無意味ではありません。 1歳未満ですが、ち...
副業+複業

人は奪われることに苦痛を感じるので、対策として軸を複数持つ

人は与えられないことよりも奪われることに苦痛を感じます。高齢に達して役職を外されることもよく苦痛と聞きます。これも「奪う」行為だからです。 会社組織など一つのことのみに軸足をおいた際、この「奪う」が起きるとかなりの苦痛となります。分け...
スポンサーリンク