スポンサーリンク

論文の不要な説明・判例研究をバッサリ削る勇気

論文の不要な部分はバッサリと削る勇気が必要です。

バッサリ捨てることが、全体を引き締めることにつなげられます。
「捨てる」ではなく、「削る」です。

しかし、一生懸命に調べたものを削るのはとても勇気がいることです。
大切な木の本体を育てるために、不要な枝を切るイメージで、バッサリと選別しましょう。

main tree

*大切な部分を活かす

スポンサーリンク

関係ないところは削る

論文では関係のないところは削りましょう。

論文は教科書ではないですし、たくさんのことを詰め込めるほど長くも書けません。
関連性が薄いところはできるだけ削ります。

網羅しても良い論文になるとは限りません。

論文の性質として、「前から後ろに読まれる点」が挙げられます。
3章で説明したいことが1章にちょっと書いてあっても伝わりません。

「あっ、ちょっと前の章に書いてあったな」などと、善意で戻って読んでくれないのです。

前後の論理性を、文・節・章などそれぞれの読める範囲のつながりで明示しながら、わかりやすく論理展開をすることでやっと伝わります。

教員などの専門の方であっても、説明や論理が不足していると伝わらないのです。
不足だけではなく、言い過ぎも論理を阻害します。

前から後ろに読まれることを意識しながら、最低限の分量で伝わるように構成しましょう。

そのために、いらないところを削るのです。

□サービスメニュー

 

二次利用の可能性を活かす

「削る」は、「捨てる」ではないので、心を安らかにして実行します。

決して、「捨てる」ことを推奨していません。
「削る」は、その文章を隔離して、別の場所の保管することです。

さすがに書いていたものを片っ端から消していては、文章の量がたまりません。

テキストファイルは容量も多くないですし、保存していて分量の多さに困ることもほとんどないはずです。

気に入らないときは、本体からちょっと移動させます。
格納用のWordのファイルを用意しましょう。

こだわりがなければ、日付で隔離します。

一例では、隔離した日付を「見出し」で区分けして、切り取ったところを貼り付けましょう。

example of table

あまり細かく分けると時間がかかります。

格納する程度でいいです。
書いている当人であれば、あの辺りに書いたかなと想像ができます。

キーワードを検索をして見つけることも簡単にできますし。

格納すれば、後で戻すことができます。

書いていて、やっぱり必要だなと感じたら、戻ってきて貼り付け直せばいいのです。

捨てるよりも、削る方が気兼ねなくできます。

可能Wordは、削る緩衝材として使えます。

早めに削る

削るのは早めがいいです。取り返しがつきます。

来年の1月に論文を提出するとすれば、10月くらいまでが大きく削る最後の機会です。

専業の方であれば時間がなんとか取れるかもしれませんし、論文提出の直前に長期休暇を取れる方も、時間を取れる方の部類に入ります。
そういう方は、11月や12月に大きく削っても取り返しがつきますが、働きながらなど、まとまった時間が取りにくい方は、あまり遅いと挽回が難しくなります。

だからこそ、削るのは早目の時期がいいです。

あるいは、実際に削らなくてもいいので、仮に削ってみてはどうでしょう。
論理がはっきりして、主題を掘り下げる余白ができたと感じれば、削った意味が出ている証拠です。

まとめとして

まとめますと、

1. 不要な部分は削りましょう。

2. 捨てる必要はありません、別のWordファイルに見出しをつけてわけておきます。

3. 削るのは、挽回できる早めの時期に断行する。

執筆中で、論理を整えたい方は参考にしてみてください。

【編集後記】
方向転換をするのに、いくらか仕上げた判例研究を2つほど削りました。
試行しながら行う分野なので、しょうがないかなと前向きに進めます。

【運動記録】
ジョギング○ ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳)】
帰って一緒におもちゃ遊び。
楽しんでくれるので、こちらもはりきって対抗します。
別の遊びも提案してくれる感じです。

付き合えるだけ付き合って寝かせに行きます。

論文作成
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)