PCR検査は、陰性の参考程度にしかならないといいます。
そして、検査をしに町中に行くのも気が引けます。

結果、検査をして現状を確認する必要がある場合には、キットが使用可能です。

キッドの一例としてご紹介します。

 

 

販売しているキットの例

市中で販売しているキットの例として、今回は東亜産業のPCR検査キットを使ってみます。

ドン・キホーテで取り扱いしています。

(株)東亜産業の、新型コロナウイルスPCR検査キットが、ドン・キホーテにて発売決定!
2021年2月1日 17時44分

日用雑貨、美容・健康製品などの企画開発・製造を行う株式会社東亜産業(本社:東京都千代田区、代表:深井昭匡、以下東亜産業)は、新型コロナウイルスPCR検査唾液採取用検査キットをドン・キホーテ各店舗にて発売中です。

通販でも買えます。

唾液の採取方法

キットの中身には、唾液を採取するようのプラスチック製の器などが入っています。

 

これらを連結して、唾液を入れます。

 

これがけっこう大変です。
そこそこの唾液を入れないといけません。

試しにやってみましたが、「大変だな」というのが正直な感想です。
健康体でもそう感じますから、ちょっと具合が悪い方には一苦労な気がします。

その後は、封入をして郵送をします。

 

会社が取りまとめる場合の連絡先の設定

この検査キットは、連絡先を選ぶことができます。

会社の総務宛などにして結果のとりまとめを行うことも可能です。
もちろん、結果は陰性を保証してくれるわけではないですが。

会社のアドレスを書いておけば、会社宛てに連絡を受けられます。

 

郵便局で郵送不可、回収の予約方法

当初は郵送可能だったのですが、郵便局での検体の取り扱いが現在中止になっています。
これに伴い、検体を受付の場所に持参するか、回収をしてもらう方法が必要です。

検体の回収・持ち込みの予約はこちらから可能です。

以降は回収予約をしてみた内容です。

このような形で、回収場所を入力します。
場所によって、予約まで時間がかかることがあります。

以下で試したときには二日後の深夜(21-3時)が予約可能でした。

 

 

なお、予約をしたら以下のアラートが出ます。
検体数の通りの予約が必要です。

 

完了すると以下のような画面になります。

同様の内容はメールなどにも送られてきます。

 

結果の連絡

検体を回収して48時間くらいで連絡が来ました。
以前はもうちょっと時間がかかった感じだったので、少し早くなったかなと。

内容は、「高リスク」か「低リスク」かで来ます。
以下は「低リスク」の例です。

まとめとして

個人、組織を問わずPCR検査を受ける人は多くなっていますね。
検査の際の参考になったらうれしいです。

 

 

【編集後記】
知り合いの知り合いくらいには感染者が出てきたり。
他人事ではなく、対策が必要だなと感じます。

【運動記録】

ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
行けるところが少ないので、近所をのんびり散歩しています。
スーパーのお菓子コーナーで、一緒に玩具付きのを見てみたり。